クラブ価値

一般的に「企業価値」の算定には様々なる方法がある。例えば上場企業であれば、その株価を基にした「時価総額」(株価x株式数)がその判定の基礎となるであろうし、非上場企業であれば、その算定には「DCF法」なり「WACC法」などの詳細なる判断材料が必要となってくる。一方私どものような「NPO法人」の「価値」を数値ではかるのは難しい。何故ならば株式市況にも登場せず、年間の収益だけで判断するのはもっとも危険であるからである。収益構造を求めず、クラブ員が価値を見出し賛同し、ボランティア的に活動してきた経緯があるからこそ、その「クラブ価値」は内に秘めているファクターが多い。NPO法人を立ち上げた目的の一つに「クラブ価値の増大」がある。その「クラブ価値」とは数字には表せない、メンバーひとり一人の「志:こころざし」を総額したものであろう。そういった意味で「NPO法人」の価値を敢えて数値的に試算するのであれば 以下の如くその法人への投資額を一つの指標とするのも、考え方としてそれほどかい離はしないと考える。要はメンバーの「こころざし」はお金にかえられないが最低限の数値評価をするには投資額に定着する。クラブの投資額とは「スポンサーからの支援金」「クラブ年会費」「事業収入(入場収益)」等がそれにあたるが、当クラブは残念ながらスポンサーがついていない立場から、「クラブ年会費」で推し量るしか術はない。過去30年間の投資額(クラブ員の年会費+OB関係者からの寄付金)を試算すると、1986年~1995年が総額\23百万円、1996年~2005年が\70百万円、2006年~2015年が80百万円となっている。NPO法人設立が2006年であることから、公式法人として都庁に提出している事業収支報告書から 我がエリースの「クラブ価値」は投資額だけで換算すると\80百万円となるわけだ。この評価額が高いのか、低いのかは皆さんにお任せするとして、来る2020年東京オリンピックパラリンピック、エリース創立50周年の年には予測ではクラブ価値額は\100百万円となるであろうと勝ってながら試算している。あるお金持ちがエリースブランドを丸ごと購入して、Jリーグなりスクールを立ち上げたいとすれば 1億円はかかりますよということだが、それには今まで苦労されてきた諸先輩方々或いは450名のOBの皆様、160名の選手の皆さんの「こころざし」は含まれてない。何とも安い買い物となる。例え1億円で売却しても メンバーの手元には一人当たり\16万円の配当しかつかない。これでは、チョット売れませんね!!(笑)

0 コメント

目白押し

暑い夏もあっという間に過ぎ去って、シーズンもいよいよ正念場となってきました。

次週から各チーム重要なゲームが展開されます。

 

8月20日(日)

 ・FC東京:対VONDS市原 ZA 14時

 ・S60:対Tドリームス 清瀬9時30分

 ・S50:対レアル 清瀬17時10分

8月27日(日)

 ・FC東京:対東京U南豊ヶ丘10時45分

 ・DX:対スペリオ城北赤羽19時00分

 

                                                                   9月3日(日)

                                                                     ・FC東京:対日立 大宮11時00分

                                                                   9月9日(土)

                                                                     ・S40:対四十雀 赤羽12時55分

 

                                                                  是非!是非! 応援お願いいたします。

0 コメント

ラ・ガッツァ

石神井公園池のほとりに、写真のお店があります。「ラ・ガッツァ」のイタリアン料理が美味しい。良くランチを利用してますが、是非、皆さまもお近くにお出での際は、お立ち寄りくださいと、オーナーが誘ってます。

0 コメント

駅弁

皆さまも経験がおありでしょうが、出張やら旅行での楽しみの一つが「駅弁」ですよね。先日東京駅から京都出張のおり、買い求めたのが写真のお弁当、少し高めの\1600也。その弁当の名前が面白い!

「賛否両論」というのだ。女子店員に、「おかしな弁当だね」と話したら、その女性が急に顔色変えて、「賛否両論」は有名なお弁当でなかなか買えませんとの事。なんか、私の発言に相当不愉快に思ったらしい。何でこんな有名なお弁当をしらないのかといった、明らかに不快な態度で終始した。まあ、怒らせた私が悪いのだが、何もそんなに、言わなくてもいいのでは?!(笑)。あとで知人に聞いたら「小宮さん有名ですよ!」との事。無知とは恐ろしい。確かに、美味しかった!!!

0 コメント

UCC

写真は神戸市にあります、珈琲でお馴染みの「ucc]本社であります。先日新宿高島屋デパートに UCC店舗がオープンしたので立ち寄った。例の如く担当の女性を冷やかし半分に「UCC」って何の意味なの?と聞いてみた。本人は分からないと平然と言う。「えっ!社員だよね?」「はい。でも知りません」との事。先日の全社予選でも、相手選手に自分のチーム名の意味が分かってない選手がいて驚かされた。せめて調べる気力もないのか?

UCC:  UESHIMA COFFEE Co.,ltd だよね。

最近街中でも良く見かける「上島珈琲店」。

資本金49億、売り上げ2870億のビック企業の社員が会社名の由来を知らない?! 何とも情けない話である。

 

エリースの選手たちにも、そういった選手がいないか?急に心配になった、当クラブチーム名の由来、理念、ビジョン、FRA, 3C。 すらすら唱えることができる選手が何人いることやら。大企業もクラブも組織としては一緒である。そこに従属する社員が、選手が、しっかりとガバナンスを把握していくことが重要である。また社員へ選手へ そういった話を伝えていくのが役員、GM等の責任でもある。

0 コメント

大阪サミット2

関西出張の定番。「大阪サミット」のメンバーと合流した。村山、青木、佐藤、守屋の4名との懇親会。エリースの仲間が、転勤先の大阪でも暴れている。仕事にサッカーに、いつでも帰京したときの復活の準備をしているようだ。期待したいものです。

0 コメント

金沢サミット2

6月からの長期出張にて、今回は石川県は金沢市にある「星稜高校」を訪問した。目的は星稜高校サッカー部監督との面談であるが、前日に金田君(星稜⇒早稲田⇒ツエーゲン金沢⇒東京海上⇒金沢市ジュニアスクール)から事前情報を仕入れていたので不安はなかったが、大変石川県では有名な方なので、お会いすることが楽しみであった。お名前は「河崎護」副校長で、会議冒頭からエリースの話で終始した(笑)。相当に関東社会人にもお詳しいようで、私の目的は星稜高校の優秀な選手に立教大学をご紹介するのが趣旨であったのだが、関東サッカーリーグのプログラムを熱心に見ていただき、とても気分良い気持ちで、説明するのも楽しい思いでとなった。何でも河崎先生は石川県にサッカー場を100面設立することが目標とのことで、この10年間で既に40面は超える施設ができあがっている。ユース、大学、社会人、シニアと、あらゆる大会が1月から12月までスケジュールされている。本当に精力的な方であった。私も年齢は多少上ではあるが、河崎先生に負けないよう頑張らなければいけない。日本サッカー界の発展を支えている方に会えたことが嬉しい。 

全国社会人大会関東予選

アマチュアの社会人には、全国社会人大会はプロも参加する「天皇杯」とは異なって、社会人の日本一を決める大会であり、必ず開催地は翌年の国体開催地にて前年に実施する。要は国体のプレ大会を兼ねている。今年は福井県での開催である。その関東予選が先週から始まっている。エリースFC東京は1回戦勝ち上がりの「FC GIOCO世田谷」(ジョコ)と対戦。「ジョコ」とはどういった意味なのか?何人かの相手選手に聞いたが皆知らないという。自分のユニフォームに表示されているチーム名も知らない。全く「今の若いやつは!」なんて小言も言いたくなる。結果は乱打戦となったが延長前半CKから宮地選手(新人DF)がヘッドを決めてそのまま逃げ切った。GIOCOは駒沢大学体育会サッカー部の3年生中心のチームで正真正銘の体育会学生チームである。1回戦もTIUとGIOCOが戦ってGIOCOが勝ち上がってきた。TIUも東京国際大学体育会サッカー部のチームで現在は関東リーグ二部の所属している。リーグ戦とは異なり、「全国社会人大会」に何で?学生チームが出場できるのか、不思議でならない。学生は学生リーグと総理大臣杯並びに天皇杯がある。何も、社会人の退会まで顔出さなくても良さそうに思う。何とか勝利したのでこの記事を書いているが、負けたら負け惜しみになるので掲載しなかった(笑)。暑いピッチで学生相手に延長までエリースも良く頑張ってくれた。選手達に感謝する。

0 コメント

AJY

エリースジュニアユースのメンバーです。皆、いい顔してますね~。発足1年目ですから、まだまだですが、将来は大人チームと負けないほどに発展してもらいたいです。

エリースマッチデー

2017年6月25日(日曜日)、関東サッカーリーグ前期第7節、エリースFC東京対さいたまSC戦は、社会人リーグの聖地国立西が丘競技場(味の素フィールド西が丘)にて、11時30分KOです。この日は「エリース祭り」として、各チームの選手スタッフ、OBの方々に集まっていただこうと思ってます。エリースジュニアユースの子供たちも、応援に駆けつけていただけるようで、へたな試合は出来ませんね。皆さまの参加を心より、お願いいたします。

(写真の昨年のものです)

 

消えゆく大井

2020年のオリンピックに向けて、どうやら明年から大井第二球技場が使用できなくなる。関東社会人、東京都リーグで盛んに借用させていただき、地の利も良く、コストも廉価で大変親しみのある競技場だっただけに残念である。何でもオリンピックのホッケー競技場に衣替えするようだ。ホッケー? 確か?駒沢第一競技場もホッケー仕様に現在工事中である。驚くことに、大井陸上競技場もホッケー仕様になる。ホッケーはご存じの如く、ピッチ状態はサッカーの人工芝とは異なるので、サッカーとの併用はできない。大井地元の政治家を使って、署名運動してホッケー場にしたらしい。まったく東京都サッカー協会は何をやっているのだと!言いたいが 私もその身内なので本当に情けないし、その情報が入っていれば少しは活動できたのではないかと思っている。競技人口3万人といわれるホッケー(日本ホッケー協会HP)と

90万の競技人口であるサッカー(2010年資料)とは比較にならない。何もホッケーをボイコットするのではない。大井は当初野球場が多いので(土ベース)そこを潰す話しもあったようだが、それこそ地元草チームの猛反対にあったようだ。大井公園からサッカー競技が無くなるのは本当に残念無念である。オリンピックは終了後まで、復活を待たなければいけない。

0 コメント

天盃2

以前ご紹介した、我が町石神井公園駅前にある、居酒屋「天盃」。親爺さんが大の麻雀好きから屋号は

「聴牌ではなく天盃」。かなり安くて美味しい魚を毎日兄弟が築地に行って仕入れてくる。地元では午後5時くらいから午後11時まで常に満席の店である。写真は「ホッピー白セット」\400.ご覧のようにレモンの下まで焼酎が入っているので、最初は殆どが焼酎のストレート(笑)。ホッピー入れるまでに時間がかかるし、酔いが早くなる。1杯のんだところで、普通の店の2杯分に相当する酔い方になる。是非!お近くにお越しの際は、お立ち寄りください。日曜日は定休日。

Sin-Bin(シンビン)

マルコ・ファンバステン。オランダが生んだスーパースター。私の大好きな選手の一人であったが 悪質な反則で短い選手生涯をおくった人物である。彼がサッカー界に復讐を誓ったのか?今回FIFA理事会にて、ややこしいルール改正の提案があった。まあ本人はサッカーをもっと面白くしたいとの希望からの判断であったかと思う。「オフサイド廃止」「オレンジカード導入」「一時的退場(シンビン)」制度導入である。シンビン?(最初はシビンと読んでいた (笑)。 SIN(罪・罰)BIN(器)の意味で、現在はラグビー並びにアイスホッケーで選手の一時退場を実施している。サッカーの場合は全体時間の10%程度とのことで、90分間ゲームであれば10分間、シンビンエリアなるものに待機することになる。まあ運営上頭の痛くなるルールである。シンビン選手が5名もでたら、審判も大変だと思うね(笑)。即刻導入とはいかないようであるが ユース、年長者、グラスルーツ、障がい者、では早々に試験的採用をするような話もある。まあ大騒ぎにならないよう静観しましょう。

1 コメント

プロとアマ

5月13日(土)関東リーグ前期第4節はエリースホーム南豊ヶ丘フィールドに3連勝首位の「VONDS市原」さんと戦った。こちらは3連敗。厳しい状況ではあるが、前節の東京23での0-1敗戦はチーム調子が多少上向き状況であることが確認できていた。結果1-1のドロー。選手達は良く頑張った。相手チームは市原市が最大限のサポートを行い、将来JFL.J3を狙うプロ予備軍。速くて、上手くて、いいチームだった。しかしながら、後半ロスタイムでの、FW選手の当チーム桐原キャプテンへの背後からのタックルをいただけない。彼は外国人選手での当然プロ契約であるからして、試合結果に生活がかかっていることは理解できる。一方エリースはアマチュアチームであり、桐原選手は救急車で運ばれたが、肋骨骨折と肺に傷つく入院生活を余技なくされている。当然会社もいけない状況が暫く続く。こういったリスクは「個人責任」で処理してきたのが アマチームの基本にはある。プロ選手とアマ選手の戦いにはそれぞれの事情があり、勝負へのこだわりも異なってくるが、試合後に一言あってもいいように思う。それがスポーツマンシップ、フェアープレーである。そういった教育ができてないチームは長生きしない。逆の立場で我々も気をつけていきたい。何はともあれ、キャプテンの長期離脱は大きい。

0 コメント

カルテット

画像は先日軽井沢に赴いたときに、TVドラマで好評であった「カルテット」のお店を訪問した。案の定、今までは派手なコマーシャルもしていない、南軽井沢の燻製料理店がTVのお蔭で一躍有名となり、満席の状態が続いていると聞く。やはり、影響力とは恐ろしい。松たかこ、松田龍平、高橋一生、満島ひかり、4名が好演したこのドラマの続編を期待したい。

0 コメント

恵比寿様

先日、池袋界隈を飲み歩いてましたら、こんな方がいらっしゃいました。どこかで見たことある方だな~と思って眺めていまして、思い出したのは、赤坂に「深川」という家庭料理飲み屋の大将とそっくりだと気が付きました(笑)。当時赤坂勤務時代には、会社の同僚或いはエリースの仲間が大変お世話になったお店です。10年程開業して閉めてしまいましたが、大将と奥様とは今も宴会を定期的に実施しています。私の大切な友人の一人です。

0 コメント

Lanikai Beach

ハワイ:ラニカイビーチに立っているのは、海水浴が初めての我が孫。海が初体験でラニカイビーチとは! 贅沢にもほどがあるようで、神様も戒められたのか、ご覧の様に天気までは味方にしなかったようだ。(笑)

0 コメント

関東リーグ開幕

2017年4月16日(日曜日)、本年度の関東リーグが開幕された。エリースFC東京は昨年8位での降格スレスレの戦績。今年果たして生き残れるのか?大変厳しい戦いが待っている。早速に開幕戦は昨年3位の横浜猛蹴(たける)さんに、2-4と完敗してしまった。完敗は乾杯の方が私は好きだ。(笑)。次節4月29日(土曜日)開催はエリースFC東京ホームゲーム、大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森第2球技場にて、午前11時00分キックオフ、対ジョイフル本田つくばFC戦である。是非!皆さまのご声援をお願いしたい。

0 コメント

長編小説

村上春樹さんの久しぶりの長編小説「騎士団長殺し」を読んでいる。2002年の「海辺のカフカ」2009年の「1Q84」に続いて、8年振りの作品である。ようやく上巻が読み終えて、下巻に移った。皆さまもそのうち経験するだろうが、老齢になると、本を2~3ページ読むと眠っている(笑)。なかなか前に進まない。同じ個所を読んでも気が付かない。本当に困ったもんだ。世界に誇る日本の代表的な作家のお一人に大変失礼だが、眠気には勝てない。頑張って今日も同じページを読んでいる。(笑)

0 コメント

ボールの行方

ご覧のボールは関東大学サッカー連盟の指定球である。ロゴでお分かりになると思うが、「MIKASA]のボールは大学サッカーリーグは指定球として認定している。これは関東大学一部リーグ、二部リーグ、各都道府県リーグ共通のルールである。しかしながら、東京都大学サッカー連盟はそのルールに従わず、6年程前から「モルテン」のボールを指定して、東京都大学リーグ1部~4部は実戦しているのである。何とも不思議な話である。だから、我が母校立教大学もリーグ戦用にモルテンさん、大会用(アミノバイタルカップ、天皇杯予選、関東大会)はミカサさんを使用するため、両メーカーから購入している。何故に東京だけは許してくれるのか?不思議でならない。何でも関東学連側からは、数度に及ぶ変更指示がきているのだが、ガンとして受け入れないそうだ。ようやく今年になって来季以降は、ミカサを使用することで話しを進めているようだ。何か?胡散臭い話である。

0 コメント

円陣

試合前によく見かける光景。宗教も人種も政治色も関係ない。皆が一つにまとまりスポーツを通して一つになる。同じ目標に向かって、汗ながし、傷つき、悩んで、苦労して、勝ち得るものは、尊い価値を見出します。この小さな〇(円)が、大きく広がることを我々は夢に描いてます。世界の子供たちが幸せになること、夢見てます。

0 コメント

エリースFC東京始動

 

4月9日(日)関東リーグ開幕が一週間後の本日は、中央大学との練習試合。相手はBチームながらも、それは天下の中央さん。いい選手が揃っていたが、結果的には3-2での勝利を久しぶりに味わった(失礼)。選手たちが、チームが少しでも、自信をつけてもらうには、いい相手だったかと思う。頑張れ!エリースFC東京、関東リーグプロ予備軍に負けるな!

 

1 コメント

エリースDX始動

2017年4月、東京都社会人リーグ二部のエリースDXは、開幕戦を2-0にて勝利した。おめでとう!

写真のメンバー構成からみても、今年は大いに期待できそうである。しっかりと運営分担され、選手達の個人意識も高く、エリース7チームの年齢層からも核となる、ダイナミックでクロッシング(各チームの中心という意味)な活動を目指してもらいたい。それこそ 「DX」の由来である。

0 コメント

整列

温かい日差しのなかで、ご老人が3人綺麗に並んで、誰かを待っています。多分デーサービスのバスか? 温泉行のバスだと推察する。地元石神井公園駅前の風景。あまりに可愛い3人娘なので撮影してしまった。(笑) 顔が定かでないので問題ないかと。。。感心したのは?きちんと横並びに、背丈順に並んでいることです。エリースの選手達も見習って欲しい!!

いつも、ばらばらに写真に写るので見苦しいと感じている。注意するとその場ではまとまるが直ぐに忘れる。今年は全チーム、整列は背丈順でラインにそって並んでもらいたいものです。

スタンドから見ると、チームの和を感じますから。

0 コメント

織田義郎

先日、「織田義郎(よしお)」さんの個展にお邪魔した。私より10歳ほど年上のお爺ちゃん(失礼)は、日本を代表する「エッチング」技法の神様。昔はサラリーマンでの海外特にヨーロッパ駐在での経験をもとに、各都市の思い出に残った風景を、自らの工房で、手彫り→手刷り→手採色のすべての工程をお一人でこなして、1回1枚の作成でインクを変えることから、全ての作品が微妙に色彩が異なっている。同じものがない作品といっていい。日本人として世界に誇れる 「荻須高徳」さんが亡くなった今、後はこの楽しい、品のいい、お爺ちゃんに託されている。一度作品をご覧あれ。

0 コメント

エリースジュニアユース

2017年度より、「エリースジュニアユース」の育成が始まった。まだ試験段階でもあるが、NPO法人ベアーズのご尽力で、何とか子供たちがあつまり、試行錯誤であるが、将来に向けてスタートした。先日第1回目の練習会に参加したが、子供たちのレベルの高さに、ただただ驚嘆。今の日本は相当にレベルは高くなっている。あとは、いかに成長し、心も体も大人になってくれることを期待している。エリースの「Vision-10」で課題となっていた、子供たちにエリースのユニフォームを着せることが そう遠くない先に現実となってきた。大変嬉しいことだし、感慨深い。ただ残念なことは 親御さんは結構お父さんが多いことだ。(笑)。

0 コメント

やはり生ビール!

やっぱり!夏は「生だよなぁ~」何ていいながら、長年ジョッキを傾けていた方は私ばかりではないでしょう。

チョット今更ながらのお話しですが、そもそも「飲み屋」のメニューが悪い!「瓶ビール、生ビール」なんて表示をするものだから、生=ジョッキという認識を50年ももっていた。(恥)

最近飲んべの知人から聞いた話だが、そもそも国によって異なるが、日本の場合の製造手法で、ビール製造上で問題となる「酵母菌」を除去するために、当初は「加熱処理」をしてビールを販売していたそうな。それが元々のビールであり、昨今その「除菌処理」がフィルターの開発もあって向上して、「加熱処理」をしていないビールが新鮮で美味いとのこと。それこそが「生ビール」である。従って、瓶ビールでも「生」があり、ジョッキでも「生」なのである。現在ではキリンビールのように「加熱処理」に思いが強いメーカーは 「キリンクラシックラガー」他のメーカーでも「アサヒスタウト」、「サッポロラガー」が、「加熱処理しているビール」であるが少数である。それ以外は殆どが「非加熱処理」の「生ビール」である。ですから、皆さん酸化率が低い「瓶ビール」の方が、うま味はジョッキよりあるのです。ほんとかよ!!何てことですね、これからは、「飲み屋」のメニュ‐表示は 生ビールの「瓶タイプ」或いは「ジョッキタイプ」と明示してもらいたいものです。

それでも、懲りずにお店にいくと、「生いっちょう!」なんて、元気な店員さんの掛け声でジョッキを飲み干すサラリーマンを見ると、理屈は飛んでいきますね。(笑) 知識がないと言うことは、恐ろしい....

 

 

0 コメント

閑話休題

先日、吉祥寺に飲みに行った。道すがら、こんな看板が出ていて、何故か?気になって立ち止まって写真をとった。何とかなく、親しみが湧きませんか?

理由は分かるよね。エリースの関係者なら。(笑)

 

 

0 コメント

姫路サミット

昨年の話になって恐縮だが、姫路に講演の機会があって訪問した。姫路城は2015年3月には見学できたので、今回はエリースOB小林幹生君との再会をコラムする。小林君は1980年に慶応大学サッカー部卒業されて三井物産入社と同時に、エリースに入会してくれた。慶応時代は主将として、その卓越したリーダシップにて慶応を関東リーグ一部昇格させた立役者である。学生時代から名前は知っていたが、小林君の母上と私の母が偶然にも、知り合いだったことから、私がご自宅に連絡してお母様に口説いてもらった経緯がある。当時はプロもなく、日本リーグでサッカーやるか?会社員としてサッカーやるかの、狭い選択肢しかないことから、優秀なメンバーがエリースへ入会する機会は多かった。彼が入会してくれたことで、そのあとに慶応大学からエリースへの入会コースが早稲田と同様に多くなったことは明らかである。今は姫路に転勤されて仕事されている、小林君には久しぶりにお会いして楽しいひと時を過ごした。早く東京に戻っていただき、NPO事業とシニア選手として復活していただきたい。待ち焦がれているOBの一人である。

0 コメント

伝統

2月25日(土曜日)は、立教大学体育会サッカー部OB/OG総会が開催された。ご存じの如く、エリースは元々立教高校サッカー部OBによって、創設されたチームであるから、当初は立教OBが中心となった組織で活動してきた。昭和45年天皇杯元旦決勝は、日本リーグの雄東洋工業対関東大学の立教大学との対戦。結果は3-1だったかと思うが立教は凖優勝に終わった。以来45年間余り、天皇杯決勝戦には大学チームは一度も登場していない。それだけ社会人とプロチームのレベルが上がっていることはご承知のことと思う。我が立教はJFAハウス地下にある、サッカー殿堂に3名の選手が飾られている。故渡辺正氏(八幡製鉄)、横山謙三氏(三菱重工業)、鈴木良三氏(日立製作所)。今回の総会にはその鈴木氏が参加された(写真前列左から3番目)。草々たるOBメンバーが集結した。東京都大学リーグ一部に関東から降格して、はや40年あまりの時が流れ過ぎてきた。今年こそは関東への昇格を果たしてもらいたい。エリースが気になる、立教も気になる。日本のサッカー界も気になる。いつも忙しい。(笑)

0 コメント

マスターズ

先日、第1回日本スポーツマスター東京都大会で、我がエリースDX(35歳以上のチーム限定)で見事に優勝をかざりました。2017年1月29日(日曜日)、駒沢第二球技場でのJALさんとの決勝は、3対1にて勝利を飾り、2月に始まります関東大会進出を決めました。本当におめでとう! 凄くいいチームです。

1 コメント

縁とは不思議なもの。

先日、エリース高橋周大君の結婚式に招待されて参列した。奥様はモデル業だそうで、大変華やかな素敵な挙式でしたね。いつもながら「乾杯の発声」をやることになったのだが、今回は高橋選手の父上の話をさせていただいた。父高橋要二さんは慶応大学サッカー部でFWとして活躍され、卒業後は当時の全日空トライスターでサッカーを続けられた名選手である。ご存じのように全日空はフュリューゲルスとなり、今は横浜Fマリノスとなっている。現役を終えて慶応大学サッカー部の監督就任の話を聞きつけて、私がラブコールの手紙を送った。当時はメールも携帯もないことから、最初から電話は失礼かと思って、当時は必ずとっかかりは手紙を書いていた。先方もエリースへの入部にその気になっていたのだが ある日電話が入り子供ができたのでやはり厳しいという残念なお断りの電話であった。その時の子供さんが高橋周大君であったことが、そこから28年たち、早稲田大学⇒横河電機⇒エリースFC東京に彼が入部した時に判明した。誠に縁とは不思議なものである。親爺さんの分も周大君はエリースで今後も活躍してくれることを期待したい。

 

0 コメント

2017年最初です。

2017年最初の投稿です。長らくやすんでましたが、2月17日にて母の49日法要も無事に終えて、長い二年間の闘病と介護から解放された、何ともいえない複雑な心境です。12月23日Xmasのデコレーションを自宅に飾って、母が見たのが最後の日となりました。65年間も私を見守ってくれた、母にはただただ感謝するばかりです。

0 コメント

キングダム

キングダム。秦の始皇帝をモデルとした壮大なドラマ(漫画)がおもしろい。原泰久氏が作者であるが、「バカボンド」「スラムダンク」で有名な井上雄彦(たけひこ)氏を師事とし、2006年からの手がけた作品は既に10年がかりのストーリー。今後10年は続くというのが作者の言。添付画像はたまたま新宿地下道を歩いていたら、壁に群がる人だかりがみて、思わず見とれたのがこの作品。壁いっぱいに戦闘シーンが描かれているのだが、私が好きなのは、なんといっても女剣士「キョウカイ」。残酷なほどに強い!。漫画の世界でも女性は強い。(笑)

TAXI

先日、タクシーに乗車したところ、座席前に面白い表示があった。添付ご覧いただきたい。STOP「暴言」「喫煙」「パワハラ」「セクハラ」の4点を注意しているのだが、「セクハラ」が面白い。以前私の記憶では、女性ドライバーに対して、男性客が後部座席から「セクハラ行為」をしているのだが、この絵は「男性同志」である。結構「キツイ」表現かなと思った次第。(笑)

エリースも STOP「年会費未納」「集合時間遅刻」「シュートミス」「審判への苦情」。この4点を来期から実施しようと思う。(笑)

0 コメント

挙式

先日、神戸にて前エリースDXの迷GK青木周平君が挙式をあげた。

添付写真は、式締めの挨拶ではなくて、式開会の新郎挨拶で、既に涙顔(笑)。 新婦は屈託ない笑顔のアンバランスが面白い。11歳も年下の素敵なお嫁さんをもらって感極まっていたようだ。結構本人、見かけによらずきめ細かいことに努力するタイプ。選んだ料理とワイン、会場、どれも素晴らしい選択であったから、なおさら、冒頭の涙顔が面白い!。まあ、いつまでもお幸せに。

 

 

13 コメント

北陸紀行3

富山から、石川県は金沢市に入っての懇談会はこれ!そう「香箱蟹」

香箱蟹(こうばこがに)は、ズワイガニのメスとのこと。金沢のこの季節には、まづ食さなくてはいけない。東茶屋の料亭に招かれて、素晴らしいひと時を過ごすことができた。是非!金沢に行かれたら、お薦めであります。季節は11月初旬から年末までである。因みに、写真に顔出しできないが、お店の女将さん。本当に面白い方で、広島カープの大ファン。広島がシリーズで負けた時には「号泣」したそうな。ご主人が金沢でも超がつく「お寿司屋」の系列にいらっしゃる。明日はそこに寄らないと、機嫌を損ねそうだ。(笑)

0 コメント

北陸紀行2

見るからに美味しそうでしょう!? これ私が見つけた富山市内のラーメン屋さん。ANAクラウンプラザホテルから徒歩5分にありました。メニューは「こく塩ラーメン」¥850也。今回は北陸回りで、5種類いただきましたが、これがピカ一。こんな美味い「塩ラーメン」は関東にはないと店主に話したら、気を良くしてくれて、缶ビールサービスいただきました。(笑)。

0 コメント

北陸紀行

先日、講演旅行で富山県富山市に行ってきました。のちのち写真をアップしますが、「ブラックラーメン」よりも、普通にラーメンが美味いです。まったくサッカーには関わりありませんが、暫くこのシリーズが続きます。(笑)

写真は、日本でいや世界でも最もデザインが優れていると評判の「スターバックス」の富岩公園店に行ってきました。写真の反対側は川が流れており、本当に綺麗な場所に、デザイナブルなお店が営業しておりました。

0 コメント

ハリルの戦い5

昨日のキリンカップは大勝に酔いしれました。本当に酔っていいものか?わかりませんが、取り敢えず、調子悪い時には、「弱いもの虐め」するのも、チームとしては活性化するかと思います。エリースも時々、弱いもの虐め用にマッチメイクしますが、いつも逆にやられてます。(笑) さてさて、問題はハリルさんの視線の先ですね。何も思っているのか?普通は代表の主将がベンチに下がるときには、監督は労いの言葉をかけてやるものですが、この場面はどうみても、タッチで済ませています。何らかの意思表示があるようです。カズの時もそうですが、長年貢献したエースのリタイヤ時というものは、難しいものがあります。監督との確執だったり、意見の相違はどのチームでありえます。WC本番では30歳以上となる、代表のキーマン、本田、岡崎、長谷部、長友、香川、錚々たるメンバーの去就は、今の代表のジレンマにつながってます。難しいチーム状態に日本はあります。それを解決させるのが「監督」の役目です。さあ!、サウジ戦は大きな分岐点となります。期待したいです。

0 コメント

See-Grow

Grass growing system for stadiums.

先日、味スタの関係者と話し合いがあって訪問した。話しが終わって余談であるが、添付写真の如く、現在味スタで「See-Grow]を使用していたので見学した。日本でも有数の「芝職人」S社I社長が何でも、EUより技術輸入して、味スタで試験的に実施されている。詳細は不明であるが、どうやら二酸化炭素と薬剤を使って、芝生の成長を促進する機械であることがわかった。後々、各地のスタジアムで利用されるかと考える。

SeeGrow is an application for encouraging the growth of grass ine stadium .You can practically see the grass growing !

 

0 コメント

シニア40一部昇格

シニア50に続いて、創部4年目のシニア40が1部昇格を果たしました。おめでとうございます!!!

妖怪哲男、小林大輔DX監督、尾崎選手、城定GK,山下選手、廣崎主将、鵜沢GM,小林誠選手などの主力が結集したわけですから、負けるわけがないです。どうしてFC青山に優勝されてしまったのか、二位に甘んじたのか?柴田敬司監督に今度あったら、チョッカイしようかと思ってます。(笑)。さあ、来年は厳しい一部です。頑張っていきましょう!!!

 

0 コメント

都学連

我が立教大学サッカー部が関東大会へ挑んでいる。4試合に勝利すれば念願の関東大学リーグ二部昇格となる。実に40年振りの帰り咲きとなる。そんな大事な時期にレギュラークラスの選手が登録上での問題で出場できなくなった。何でも、東京都大学サッカー連盟から、関東大学サッカー連盟に追加登録申請の登録料を未払いであることが判明し、そのあおりで当部の選手が出場できなくなった。とんでもない話である。東京都大学リーグは出場していた選手が、いざ関東昇格の大会で関東大学サッカー連盟から「待った!」がかかったわけである倉又監督他OBの方々が色々と動いてくれたが、関東協会は了承することはなかった。というのも、どうやら今回の事が初めてではなく、都学連からの関東への対応が悪く、相当に印象を悪くしていたようだ。そこで今回はもう許さないというのが「裁定」であるとのこと。とんだ「とばっちり」である。当部としては正式に抗議文をだすことになるであろうが それよりも最後の大会で出場できない4年生は本当に気の毒である。

0 コメント

澤ノ井

先日、地元石神井公園にオープンした、「居酒屋」に行った。なんでも、「澤ノ井」にからんでいるらしく、「澤ノ井の樽酒」が一押しでお勧めだとのこと。お酒も料理も美味しく、料金もリーズナブルであったが、残念な事に、升酒の角にべっとりと「赤い口紅」がついていた。多分洗ってもおちなかったのだろう。文句言うのも面倒なので、きっと「綺麗な女性の口紅跡」だと勝手に解釈しながら、逆側から飲みほした。(笑) そんなことしていたら、今度は店長が奥様と3歳位のお子さんを店に招き入れて、食事を頼んでいた。これはNGだね。「公私混同」も甚だしい。常連客候補が一人減った。

0 コメント

Halloween

10月31日はハロウィンのお祭りですね。元々はケルト人(誰?)が起源と考えられている祭りのこと。秋の収穫祭を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であった。子供たちが魔女やお化けの仮装して、近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習である。決して渋谷駅前の交差点にたむろして大騒ぎするようなパーティではないはずである。そんな宗教にも或いは収穫祭にも一切関係ない日本の若者たちは、他に暴れる機会がないのであろう、ここ2年~3年で大きな社会現象になってきた。事故やら怪我がなければいいが、何はともあれ、もう一度原点に戻ってそのお祭りの意味あいを探ってもらいたいものである。

0 コメント

市原カップ

本日、10月30日(日曜日)坂戸市にある、東京国際大学グランドにて、市原カップ第1回戦が開催された。エリースFC東京の初戦は「東京国際大学FC」である。残り2戦は11月19日、20日に開催。5ブロック優勝チームと、各ブロック2位上位3チーム、合計8チームが決勝トーナメントに参加ができる大会である。夏に開催された全社関東予選では勝利した東京国際大学FCでしたが、当時よりも数段強くなり、キックオフと同時に怒涛の攻めでエリースゴールを脅かし、5分には速攻で先取点、10分には桐原選手のPK一発退場で早くも2点目を失い試合の主導権を握られた。新ルール適用のこの大会、一発退場はあり得ない!まったくアホな主審にゲームをこわされる形となった。当日は約30名の審判団が研修を兼ねて、実戦のチェックがあって、錚々たる顔ぶれが試合をチェックするものだから、この主審余計に神経がとんがったものと推察する。日本の審判員は本当に外的プレッシャーに弱い。まあ、審判のせいばかりではなく、試合は0-4で沈んだ。一か月前にリーグ最終戦で燃え尽きたのか?FCの勢いは全くなかった。残念な結果である。添付写真の前列真ん中にいる、桐原選手。この笑顔の10分後にピッチから悲しく去っていった。残り2試合、踏ん張ってもらいたい!!

2 コメント

シニア50昇格!

2016年10月29日(土曜日)エリースシニア50は、3-1にて最終戦を勝利で飾り、念願の一部昇格を果たしました。シニア50の皆さま本当におめでとうございます。シニア60からも参戦していただいた、今シーズン、柴田英司監督のもとに、近藤良一主将中心に本当にまとまりのある良いチームワークで優勝こそ逃しましたが、見事に結成3年目にて一部への昇格をはたしました。来年は厳しい一部リーグとなりますが、是非とも、

優勝狙うくらいの気持ちで戦ってください。期待しております。エリースは11月5日にシニア40の一部昇格をかけた試合が残っています。皆さんで応援いたしましょう。シニア40の監督は柴田敬司氏(シニア50監督の実兄)も、弟さんには負けてられませんよね!(笑)

 

0 コメント

大谷君

30年振りにプロ野球中継を見た。目的は勿論、日本ハムの大谷選手。日本シリーズ開幕戦、広島C対日本ハム。クライマックスシリーズが凄かったので、160㌔超えの速球を見たかったからである。しかしながら速球は150㌔程度で試合は進んだ。あとで理解できたのだが、先発長丁場で最初から飛ばせないようで、抑えながらも150㌔超えは凄いとの事。なるほど!野球がわからない素人としては感心するばかり。試合は2回裏、これも後でわかった話だが、大谷選手がサインプレーを見逃したようで、広島のダブルスチールに対応できず、広島に貴重な先取点があがった。2回裏が終わった時点で、30分が経過していた。もうこれ以上、我慢してみていられない(笑)。私は忙しいんだ! 何てこと言いながら試合中継の画面を消した。あとで試合はやはり1-5での敗戦。広島の強さが出た試合だったとの事である。いつ大リーグに行くのかわからないが?一度はナイトゲームで観戦したいものだ。その時はビール片手に、9回まで観戦できるかと思っている。

0 コメント

NPO法人化

2006年1月に「NPO法人エリースフットボールクラブ」が設立された。1970年に産声をあげて36年目にあたる。その際役員会にて私から、添付写真の如く、「NPO法人化」の目的を発表している。内容はシンプルに、

①法人格を取得することでのクラブ価値をたかめる。:任意団体から法人各を有する組織になることで、選手・スタッフ及びクラブ組織の社会的な立場を明確化することが可能となり、同時にクラブ活動及び目的が社会性のある公益に資するものとして位置つけられる。

②組織運営の透明性を高める:NPO法人化に伴い、自治体(東京都)の監督下で運営されることが義務つけられ、期待される情報開示と会計報告の透明性がクラブ価値を高める一翼を担うことになる。

③クラブ組織を強化する:NPO法人化は個人や団体等に対して、対外的に身分を明らかにし信用力を高める。クラブ員は人生の中で欠くことのできないコミュニティをもつことで、人生を豊にする。

以上の3点が主たる目的で立ち上げたのであるが、まあどのNPO

法人も似たような主旨での活動が多く、特に我がクラブが特筆するものではない。しかしながら、NPO法人化による会計制度の充実ぶりは大きく、現状では四半期決算を各6チームの会計担当が実施して、その内部監査を代表である私が実施している。最終的にはNPO法人エリースFC監事(第三者)の監査を受けて、都庁に毎年報告をしている。そういった実績が6年も続いており、煩雑で苦労は多いが組織力の強化には大きく貢献していると自負している。

 

0 コメント

エリース50執念

2020年東京オリンピックの年にエリースはお蔭さまで50周年を迎える。思えば日大芸術学部教授呉正恭先生(故人)が1970年に設立されて、一介の草チームが2006年にはNPO法人を獲得し、今や関東リーグ一部のトップチームからシニア60まで、6チームで運営されている。まさにこの46年間の苦労と努力が「50執念」を迎えることになった。写真の冊子は「40周年」記念として作成したもので、プロの方にお願いして(今はその方もS60のメンバーである)素晴らしい冊子が完成した。在庫はもう底をつき、皆様にお配りすることはできないが、「50執念」でも、また最高の結果を残し、それがご報告できるような、冊子を完成させたいと願う。そのためにも、この4年間は大事であり、各カテゴリーでの実績を残せるよう頑張るしかない。2020年に向けての、それが一番の「クラブ・ミッション」である。

0 コメント

小松崎茂

小松崎茂さん、ご存じの方は少ないね。2001年には亡くなられていますが、戦争物やらSFものを描かせたら、ピカ一のイラストレーターでした。多分私が夢中になっていた、小学校低学年昭和35年~40年頃は、漫画と言えば「少年クラブ」「少年サンデー」「少年マガジン」。それで表紙の挿絵は必ずといっていいほどに、戦艦大和なりゼロ戦が飾ってある雑誌が圧倒的でした。今風の女の子が水着きてグラビア化している昨今とは偉い違いでしたね。力道山、大鵬、長嶋さん、戦艦大和、ゼロ戦の時代です。(笑)。ですから、子供心に戦争がいけないものであるが、戦艦とか宇宙船には本当に憧れましたね。戦艦大和の図面なんか食い入るように見てました。先日、スマホーいじってましたら、無料でのゲームソフトが飛び込んできました。それが写真にある「戦艦帝国」です。小松崎さんほどのイラストではありませんが、老年者の心をくすぐる軍艦名が目白押しに参戦してくるのです。ポケモンに飽きたので(早!)今は「軍事ゲーム」にはまってます。

0 コメント

シニア40

先日、10月16日(日)は、シニア40の公式戦を観戦した。先発はGK城定、DF幸内、山下、小林誠、西澤、MF小林大祐、松本哲男、尾崎修平、東條祐一、FW鵜沢潤、西室、の11名、錚々たるメンバーが日曜日の駒沢競技場補助グランドに集まった。控えも廣崎、縣、白塚、中村誠、永井、岩村、藤掛、志賀他 合計11名のメンバーが控えており相手チーム(ランザ40)に無言のプレッシャーをかけていた。試合結果は松本選手の2ゴールにて完勝。次節勝利すればシニアリーグ40歳部門にて一部へ自動昇格となる。柴田敬司監督以下、皆さんの努力とご尽力には本当にありがたく感謝する。試合時間は25分ハーフであるが、今宵だけは45分ハーフでもっともっとプレーを見たかった。暫く見てない、エリースの強さを感じた試合であった。

0 コメント

Blowin’TheWind

ボブ・ディラン:1941年アメリカはミネソタ州生まれの75歳のオジサンがノーベル文学賞を受賞した。まあ、50歳台以上でないと、彼の名前を知っている方はいないかと思うが、フォークシンガーとして、1963年にレコーディングした「風に吹かれて」はあまりにも有名。若い方でも聞けば聞いたことがあると思います。1963年といえば、「反戦運動」「人種差別」「フォークソング」。1955年から始まったインドシナ戦争がベトナム戦争に発展していく時代の真っ只中。我々が中学からサッカーを始めた時期でもある。今でも写真の如く素敵な叔父様になって活動されている。グラミー賞、アカデミー賞、大統領自由勲章、ピューリッツアー賞特別賞、といった受賞歴にまた一つノーベル文学賞という頂きを受賞された天才作家(歌手)?である。村上さんには悪いが、受賞おめでとうございます。といっても本人あまり喜んでないような気がする。授賞式のスピーチと表情を見るのが楽しみだ。(笑)

0 コメント

ハリルの戦い4

イエス・キリストが裏切り者のユダを許す場面にそっくりです。といっても誰も見たわけではないですが。昨日の原口選手は複雑なる心境だったかと思います。サッカーには間々ある事ですがね。3試合連続ゴールと今は「旬」の選手ですから、ここから成長してもらいたいです。頑張れ!原口。一方不可解な選手交代だったのか?実況の松木解説者は不愉快感いっぱいでしたが皆さんはどう思われましたか?敵地難敵相手の勝ち点1を褒めるべきか?勝ち点3をとる姿勢が後半なかったことに反省を求めるべきか?JFA技術委員長の西野氏が急きょ日本に帰国したことが、何らかのメッセージかもしれませんね。ハリル教信者が23名集まること次回は期待してます。一寸先は闇の業界ですから。

 

0 コメント

決戦

10月10日足立区舎人公園競技場にて、東京都シニアリーグ50の部門二部ブロック戦、エリースシニア50対BONOS戦を観戦した。BONOSさんは現在首位、エリースは2得点差をつければ首位にたち、次節最終戦に昇格の望みがかけられる、大事な試合だった。写真は見にくくて恐縮だが、黄色がエリースシニア50先発メンバー。25分ハーフながら、双方当然ながら50歳以上の選手構成。50歳以上といえば、社会では立派な部長さんやら、社長さんがいるわけで、連休とはいえ、よくもまあ頑張ってプレーしているなと関心する。当然怪我などのリスクもあり、仕事に差し支える危険性もあるわけだが、両チームともそんなことはまったく考えてないように、かなり激しいプレーの応酬となった。結果、残念ながら前半に3得点したBONOSさんの勝利となった。後半の試合ぶりを振り返ると、次回対戦したときには、十分に勝利できる可能性がみれたことは、唯一悔しい敗戦のなかで光明をみた。前日、ナイトゲームにて、エリースDX対丸紅戦を観戦。試合終了前の最後のワンプレーでFKから同点にされ、悔しい引き分けに終わった。DXといい、S50といい、ほんのチョットしたことで勝利から遠ざかる。サッカーは難しい。だから面白い。

0 コメント

Docklands

ドックランズスタジアム。ドックレースのオーストラリアにある最大の競技場です。嘘です(笑)。ドックといっても表題にあるように、「Dock」です。「波止場」ですね。「ドックランズ」といえばロンドンはテームズ川流域が有名ですが、オーストラリアにもあるのですね。日本で言えば横浜~川崎港あたりをイメージすればいいのでしょうか?写真のように楕円形のこの施設はオーストラリア最大のスポーツ、「オージーボール」のために作られた競技場なのですね。幅が140m、縦が170mですから、サッカー場がギリ2面入る大きさです。そこでは10月~2月の「オージーボール」がoffのときに、「サッカー場」として開催しているようです。それにしても楕円形の中でサッカー場を作るのが大変ですね。副審も「オフサイド」がとりにくいかもしれません。まあ、そんな余計な事を心配しながら、11日開幕の日本対オーストラリア戦を楽しみにしております。

0 コメント

常識?

恥かかないように、チェックしましょう。今回は「漢字」です。

 

1.肉汁: 「にくじる」でも変換しますが、本来は「にくじゅう」。

2.襟: 「袖そで」「裾すそ」と混同。「えり」です和服だと「衿」もあり

3.猛者: 「もうじゃ」ではない、「もさ」

4.手水: 「てみず」でも変換しますが、神社にある「ちょうず」です。

5.好事家:「こうずか」風流な趣味を好む人何故か私が言われます。

6.幕間: 「まくま」ではなくて、「まくあい」。

7.遊説: 「ゆうぜつ」ではなくて、「ゆうぜい」。政治家の場合には

     「有税」使いやがってといいます。(笑)

8・職人気質: 「しょくにんきしつ」ではなく、「かたぎ」です。

9.伏線: 「ふせん」は付箋。「ふくせん」です。

⒑荘厳: 「そうげん」ではなくて、「そうごん」です。

 

さてさて、何問できましたか?

0 コメント

ハリルの戦い3

今回はタオルをかぶってなくて良かったです。辛勝とはいえ、ロスタイムでの決勝点。本当に良かったですね。これでJAPANも、自信と勢いがついたのではないでしょうか?次節難敵「オーストラリア」戦も、BIG-4抜きで戦ってもらいたいものです。(香川、本田、岡崎、長友)抜きでの戦い方に大変興味があります。

1 コメント

同期の仲間

10月6日(木曜日)は恒例の「立教小学校第12回生」の同窓会がありました。エリースからは 鈴木英二(S60)、呉正彦(評議員 S60GM)、小宮敏裕(代表)の3名が参加。思えばこの3名の付き合いも長く、小学校入学時点ですから、かれこれ58年のお付き合いとなります。よくもまあ続いてます。これもエリースのお蔭かと感謝。お店は恒例で池袋東口の立教卒業生の店。そもそも、立教生は自営業者の息子が多く、寿司屋、呉服屋、銭湯、酒屋、洋服屋、不動産屋、建設会社、会計士、医者、等殆ど池袋駅界隈で仕事しているメンバーが多く、大手企業の役員息子さんとかいう(慶応さんに多い)派閥は全くありません。(笑)昨日は、90名中20名が集まりましたが、話の内容は多岐に渡り、皆オーナーですから、面白い話しが多く、「ここだけの話し」も興味深く聞きかじってます。(笑)

写真は余興での、立教OGによる「リンボーダンス」。皆写真にはありませんが、一緒に踊りたがるメンバーが多くて困ります。日本対イラク戦が気になってましたが、不覚にもリンボーダンスが始まったらすっかり忘れました。(笑)

約5時間の懇親会、語らいは長々と続き止まりません。いつまでも、皆が元気で来年も会うことを楽しみに別れました。

 

0 コメント

私の履歴書

私の履歴書を書くとなると、必ずでてくるであろう趣味の一つが「麻雀」である。サッカーは趣味を超越している。あとは映画鑑賞、海外旅行、ワイン、ゲームと続く。多分40年前の履歴書での趣味の欄には「麻雀」はいれてないはずだ。しかしながら、大学生時代(昭和45年~昭和50年頃)、カラオケもない(歌は下手で歌わないけどね)、シューティングゲームもRPGもない。あるのは競馬、競輪、パチンコ、麻雀である。当時を振り返ると、ギャンブルはあまり得意ではないことから、せめて麻雀をやるようになった。親爺は気が違ったかと思うほどに好きで、とうとう岡山県で麻雀をしながら牌を握って倒れた!(阿佐田哲也さんみたいに)心筋梗塞でしばらく入院していたのを覚えている。私はそこまでではないが、今でも月2回~3回は仲の良いメンバー、特に東京エレクトロン時代の仲間と打つのが大変楽しく、ストレスの解消となっている。しかしながら残念なことに、年々弱くなっている。最初は結婚した年(30歳)、二番目はがんになったとき(60歳)、勢いが落ちたのが分かる。次は90歳でまたガクンと落ちるであろう。(笑)知らない方には申し訳ないが、役満であがってないのは、「天和」、「九蓮宝燈」「四槓子」の3つである。達成するまで死ねない!(笑)

 

0 コメント

ゴールデン

先日、ゴールデン街に勉強に行った。(ただ飲むだけですがね)写真は行きつけの飲み屋さん。ママは元JJのモデル(と本人が言っているので間違えないか?)カウンターの美女はコロラド州から夫婦で日本に遊びに来ている。ご主人は私と彼女の間にいたので映ってない。まあ写す気もないけどね(笑)会話はコロラド訛りの英語と歌舞伎町訛りの英語での会話。これからもオリンピックに向けて多くの外国人が訪れるであろう。受け入れ側もしっかりとしなくてはいけない。ご夫婦明日から「京都」へ旅立つ。

初めての京都ということで、私とママで一日観光コースを大騒ぎしながら作ったが、何せ酔っているので当てにならない。今になって心配するがもう後の祭り。

0 コメント

フェルメール2

反響が多かったもので 「地理学者」も掲載いたします。

0 コメント

フェルメール

地球儀を触っている学者を描いたこの作品。「天文学者」として、ヨハネル・フェルメールが1668年頃描いた作品です。フェルメールはレンブラントと並ぶ17世紀オランダ黄金時代の代表画家であります。特に「真珠の耳飾りの少女」が余りにも有名であり、何故に「天文学者」を掲載したかというと、他に地球儀をこの絵の奥にある、棚を上においた「地理学者」(1669年)の2点が私の好みだからです。この2作品が鑑賞できるとのことで、昨年12月たまたま出張中の京都市美術館に行った。「フェルメールとレンブランド展」という看板であったから、期待して¥2500入場券を払って入ったのだが、作品は3点しかなく、全くの「詐欺」だとクレームを言いたくなるほどである。美術館にお出での際は気を付けた方がよい(展示数を確認すべできですね)。ところで、フェルメールの画風に一つの特徴があって、多くの方は気が付かれているかと思うが、人物描写の場合に左側に視点をおいていることです。この作品も左向きで左手に光りが入る窓があります。「地理学者」も同じ構図です。他に「手紙を書く女」「ヴァージナルの前に立つ女」「牛乳を注ぐ女」「兵士と笑う女」「窓辺で手紙を読む女」等々、常に女性と窓(光り)を常に意識した作品が、その43歳と言われている生涯で、作品数40点前後の少ない数のなかで圧倒しているのです。光の陰影、女性特に下働き或いは娼婦を描くことから人生の明暗を描写したかったのでしょうか。そんな事が想像できます。今度美術評論家にでも会ったら聞きたいくらいです。それにしても本作品、また風景画の「デルフト眺望」は私が大好きな作品です。是非皆さまも機会あれば鑑賞願います。作品数が少ないのが希少価値ともなり、また覚えやすいです。日本に作品が展示されること待ち望んでます。

0 コメント

Gygi

週末に初孫が自宅に帰ってきました。(?)名前は「大知」(たいち)といいます。私のチームに同名の選手がいるので、それは止めてほしかった(笑)。私は「鯉太郎」をすすめたのですが、流石に先方の反感を買いました(笑)「釣りバカ日誌」を知らないようです。まあそれは冗談として メールは「鯛ちゃん」で押し通してます。私は「Gygi](ジイジ)がハンドルネームとなっております。愛犬チョコと「鯛ちゃん」との、ほのぼのとした週末は、人生最良のひとときです。「鯛ちゃん」8カ月9キログラム、「チョコ」:5歳10か月14キログラム。

 

すみません!今日は内輪の話で終えます。

0 コメント

TOKYOFOOTBALL

まずは、東京蹴球団の東京都社会人リーグ一部優勝をお祝いしたい。おめでとうございます!鈴木監督長い間大変でしたね。東京蹴球団は第1回天皇杯優勝チームという、物凄い歴史と実績をもっているが、一部リーグ初優勝とは初耳であった。鈴木君との付き合いも長く、社会人リーグでのお互いに切磋琢磨してきたのが、およそ30年はたったであろう。悲しい事件もあった。2007年2月東京都社会人リーグの年初総会があったのだが、私はエリースDX(当時東京3部)の代表として出席予定が寝坊して、開催30分遅れてしまった。同時に鈴木君も東京蹴球団代表(当時東京2部)も遅刻した。私と違って彼は足を骨折しており松葉杖で登場したのがおくれた原因だったかと思う。当時の協会からは厳しい罰則があり、両チームとも4部降格が決まった。今では考えられない裁定である。(現状は改善され遅刻やら、無断欠勤には審判割り当てをするような罰則としている)。私はチームの皆に何とお詫びしたらいいのか、本当に悩んだ。同様に鈴木君は涙流していた。2部から4部への降格であるから、相当なるショックだったかと思う。そんな彼が優勝したことは、我がことのように嬉しかった。東京蹴球団は明年11月に「創立100周年」を迎える。エリースは2020年に「創立50周年」式典を準備しているが、その歴史には雲泥の差がある。是非とも、明年は関東リーグ2部に昇格していただきたく願っている。

写真は「TOKYOFOOTBALL」のサイトからお借りした。「TOKYOFOOTBALL」は10年ほど前から、東京都一部、二部、関東リーグ東京所属チームを専門に取材して毎週斬新なる写真と記事を配信している。今でも東京都サッカーを知るには他県のサッカー関係者も必ず閲覧するほどに、人気と安定性のあるサイトである。その「TOKYOFOOTBALL」が、いまサイト運営の継続に苦しんでいる。東京の所属チームからは少額ではあるが支援金を供出しているが、まったく運営資金としては足りず、常に厳しい状況で運用されてきたようだ。何とか今後も継続していただきたく、支援していきたいが、皆自分のチームの面倒見るのが精一杯の状況から、なかなか話しがすすまないでいる。年内には解決したいものだ。そしてこの写真のように、素晴らしい映像とドラマを提供していただきたい。切に思う。

5 コメント

ARIES ECC/3-1

先日、日本サッカー協会に伺うため、お茶の水駅から歩きだしたら、写真の如く道路表示がされていたので気になって撮影した。「 Football Avenue ]である。お茶の水は順天堂大学病院からJFAのビルがある湯島まで、直線にしておよそ500メートルを、このように「命名」したことは聞いていた。

かっこいいね!と思いきや、「Avenue]かな?とふと疑問を覚えた。また私の「悪い癖」。「ストリート」じゃないの?アベニューで有名なのは下記写真の如く、「ニューヨーク 5th Avenue」が余りにも有名。しかも「アベニュー」のイメージが私にとってメチャメチャ良い。確か南北を走るのが「Avenue」東西に横切るのを「Street」と呼称するようにマンハッタンはなっている。以下、ざっくりとした、USAにおける主な道路標示をしめした。 

1.Street: 街中にある舗装された道。Roadに比較して細い。

2.Road :   街と街をつなぐ幹線に使われることが多いが、街中にもある場合がある。

3.Avenue:交通量が多く、街路樹が道脇にあり片側2車線が多い。

4.Boulevard:双方の道の間に樹木がある、いわゆる並木道。

 

 以上がざっくりした私の捉え方ですが、国によっても異なりますし、国内でも決まりがなくUSAでも様々な表示になっていると聞きます。ですから本当に「どうでもいいのですが!」(笑)。サッカーの発祥からすると。ストリートでしょう。(ストリートサッカーというが、アベニューサッカーとは言わないから)

しかしながら、語呂あいからすると 「Football Street」は 今一ですかね。

 

私にとっては、ストリートはアベニューに比べると庶民的なイメージをもってます(道路整備がされてない、狭い道)。ストリートキッズ、ストリートチルドレン、ストリートファイト等からくる

イメージがあるからです。また 映画界でも世界市場でも常に注目されている「ウォール街」ですが、本来 「5th Avenue Wall Street」に所在してますから、「ウォールストリート」とか「5番街」というのが、正しいかとおもってます。何故に?「ウォール街」なんでしょうか?

 

以下、海外出張、旅行された時に道路標識が目に入るでしょうから、その時はちょっと気にして見てください。また小宮が嘘言っていると言われるかもしれませんね。(笑)

 

St: Street  ストリート

Av.  Avenue アベニュー

Rd.  Road ロード

Blvd. Boulevard ブールバード

Hwy.Highway ハイウェー

Dr. Drive ドライヴ

 

 

7 コメント

ARIES ECC/3

0 コメント

身だしなみ

今日は、このイケメンさんのお話しではなくて、スーツの着こなしのお話し。最近は「クールビズ」が浸透しており、どこのサラリーマンも、ノーネクタイでの出社姿を多くなりました。ノーネクタイでも「身だしなみ」は大事です。お客様に不快感を与えないように、少なくともサラリーマンなら最低限守るべきラインがありますね。

以下、まったくの私の個人的見解からくるもので、そこはご容赦ねがいます。少なくとも私の部下たちには徹底させましたが。。。

 

1.まずは、ノーネクタイでのYシャツの問題:

  ノーネクでも平気で普段のYシャツ着ているおっさんがほとんどですが、まったく似合いません。本来Yシャツはネクタイを締めてこそシャツが締まるもので、ノーネクの場合には絶対に「ボタンダウン」を採用し、襟が「ヒラヒラ」とだらしなくならないよう気を付けましょう。

2.下着の話ですが、シャツはYシャツからすけて襟もとが「響く」ような「Uの字カット」はきない事。(本当におっさん臭くなります)。暑くても苦してくても、「丸首シャツ」にして、Yシャツから透けて襟元が見えないようにすべきです。或いはシャツを着ない。(日本は湿気が多いので厳しいですね)薄手のYシャツでなければこの問題は解決ですね。

3.カフス:ビジネスシーンでは「カフ」は必要ありません。よく、Yシャツの袖ボダンを外して、スーツ着ている若者がいますが、だらしなくみえます。気持ちはわかります。袖ボタンを外すと肩回りが緩くなるからですね。袖ボタンを外すならシャツをめくること(その方がセクシーに見えますよ)ひと昔前は、カフス&ネクタイピンがセットとなって、よく男性へのプレゼントに採用されてましたが、今はそうでもないですね。

4.ネクタイ:もうまったく趣味の世界ですから、何を絞めてもいいんですが、少なくとも「剣先」がズボンのベルトバックルにかかるようにしめること。短すぎても、長すぎてもNGです。それと「キヨスク」で売っているような、吊るしのペラッとしたネクタイするなら、ノーネクを勧めます。

5.ベルト:通常ベルトは5穴ですから、ベルトを締める穴は真ん中の三番目の穴です。それが右にでも左にでも、ずれるのはNG.よく、太ったり、痩せたりで、ベルトの穴を変える人がいますが、それではベルトにしわがより、長持ちしないのと、しわのよったベルトは見苦しいです。お金がかかりますが、ズボンの生地によってもベルト穴位置が変わりますので、数本用意すべきです。

6.革靴:スーツ姿ではもっとも大事なアイテムですね。常に磨かれた革靴、もちろん紐靴でスリップオンはなるべく遠慮したいです。ゴム底を履くのもNG。但し仕事柄ゴム底が適当だということもありますね。

7・靴下:無地が基本です。マンシングとかラコステ等のワンポイントはNG、白靴下もNG.。足元見てその人は判断されます。(以前私の会社で、テニス用ソックスを履いてきた課長が部長に怒鳴られてました(笑)。

8.腕時計:なるべくシンプルなもの。最近IT企業系の社員が厚めの高そうな時計をして商談に来ますが、そういった男の話は信じません(笑)

9.万年筆かボールペン:よくスーツの胸表ポケットに挿している方がいますがNG そこはポケットチーフ以外は入れないこと。

10.Yシャツ第一ボタン:よく外してネクタイをたらす御仁がいるが まったくだらしなく見えます。ネクタイするなら第一ボタンは外さないこと。きつくて絞められないならYシャツ購入すること。

午後5時過ぎ、Offタイムになったら、ネクタイを緩める、Yシャツをまくる、髭が濃くなる、それが働く男達です。(ダンディズム)

 

※私の友人に居酒屋にいくと、ネクタイを外して、Yシャツは肩までめくりあげ、時計を外し、靴下脱いで、胡座(あぐら)かいて、飲みだす猛者がいます。ですが必ず、時計か携帯、或いは靴下を忘れて帰宅します。(笑)

 

以上、10項目、皆さまにはご納得できますかね?相当にコンサバて記載しました。(一つの意見として読んでいただければ幸いです)。身だしなみにはお金はかかりますね。でもこの青年は贅沢してないが、身だしなみにはきちんとされていると、お客様或いは上司から見られることは大事です。頑張りましょう!!!

 

 

 

 

0 コメント

スピーチ

何らかの機会にスピーチを依頼されることが間々ありますよね。原稿もなしに、突然依頼された時には、その人の日ごろの教養と知識に裏打ちされた内容のスピーチとなりますので、人前で話すのは苦手なんて甘いことは言ってられません。男として、一社会人として、常に問題意識をもって日常生活を送らないと、メリハリの利いたスピーチはできないものです。街頭で突然にTVカメラ映され、「都知事選の意見」を聞かれたときに、飲み会で突然のご指名の時に、流暢に自分の意見を明確に伝えることが貴方には自信をもってできますか?そういった日常のトレーニングは必要です。特にスピーチの中に「慣用句」を織り交ぜると、表現が豊かになり、スピーチの内容が趣をなしていきます。そういうことで、本日は下記「慣用句」のNG集です。ご参考まで。

 

1. 小春日和: 小春とは陰暦の10月をさす。春先につかうと恥かく。

2.情けは人のためならず:他人に親切にすると巡り巡って自分のためになるという意味。(否定ではない)

3.波紋を投げかける:波紋が生じる(広がる)波紋を投げかけるとは言わない。

4.親会社に弓矢を引く:親会社に弓を引く。(気持ちはわかるが、矢はいらない)

5.苦杯にまみれる:苦杯を喫する。苦杯をなめる。一敗地にまみれる。(苦い汁を飲むわけで、まみれるわけではない)

6.舌の先が乾かぬうち:舌の根の乾かぬうちに。が正しい。舌先三寸・舌の先でいいくるめる。などと混同している。

7.爪の垢でも飲んだらどうか:爪の垢でも煎じて飲んだらどうか正しい。煎じて飲むことがポイントで垢だけ飲むのはNG.

8.君の胸先三寸に納めてくれ:君の胸三寸に納めてくれ。舌先三寸との混同。

9.アリの入り込む隙間もない:アリの這い出る隙間もない。(完全に勘違い)

10.とりつく暇もない:とりつく島がない。暇はNG.

 

※どうですか?慣用句は表現を豊かにしますが、うっかり間違えて覚えていることも多いです。

 プレゼンテーション、冠婚葬祭、報告会等、あらゆる機会にスピーチは重要なる意思表示でありますね。

 そういったときに、恥かかないよう気を付けたいものです。

0 コメント

崖っぷちリーグ3

2016年9月25日(日)崖っぷちリーグ最終戦、

対横浜猛蹴(たける)戦は、阿川、市村の活躍で、4-0にて完勝した。これで崖っぷちリーグ勝点9点(3勝〉、得点8点、失点0点と素晴らしい戦績を残せた。結果的に8位は変わらないが、この3試合はしぶとく、エリースFC東京の強みと伝統を示すことができた。熊谷監督以下スタッフ陣、選手の皆さんに深く感謝する。今後は10月~11月にかけての「市原カップ」では、この勢いのまま「優勝」を狙いたい。また12月25日に予定されている、関東リーグ二部2位の日立ビルシステムさんとの「入替戦」に勝利することを最終目標としていきたい。皆さまご支援とご声援を宜しくお願いもうしあげる。

0 コメント

J100年構想

1863年FAでの会議にて、イギリス全土の統一サッカー規則が決まりました。ということは既に前回お伝えしております。1863年日本で言えば文久3年です。文久?と言われてもわかりませんよね。文久は4年、元治1年、慶応3年で明治維新です(1868年)。ですから、写真にあるように日本では坂本竜馬、勝海舟、高杉晋作が活躍していた時代です。遠くUSAでは、リンカーンのあの有名な演説がされた年になります。日本で幕末維新で国が大きく揺れ動いていた時に、英国ではサッカーのルールを真剣に考えていたわけです。サッカー歴史の違いは大きくかい離しているわけですよね。日本のJリーグは1993年、文久3年からは130年たってのことです。英国サッカー歴史とは130年の大きな差があるわけです。人間の寿命でいけば130年は2代から3代ですが、実際には成人としての活動寿命からすれば、わかりやすく徳川時代に遡れば、第1代徳川家康から第8代徳川吉宗までの期間が130年ほどにあたります。要は英国サッカーの土壌に追いつくならば、Jリーグ創設から親子8代の時間がかかるというわけです。勿論その間に英国も停滞はしてませんし、この議論には多少の無理があることは承知。しかしながら、そういった歴史の大きな違いが 1996年Jリーグ100年構想にもつながっているわけで、英国、ドイツ、フランスの様な地元に密着した理想のサッカークラブを発展させるためには、そう簡単にはいかないということです。現状Jリーグは地域密着型を大きく打ち出し、プロチームが全国にJ1からJ3まで約50数チームに広がっているわけですが、そこに集約させなければならない、資金と動員数が広がりすぎてついていけてません。選手層は薄く広がり、資金需要も集中できてません。1993年設立当時のJリーグチーム数が10~14チーム時代の方が投資効果は大きく、企業も媒体も集中できたわけですね。プロ野球チームが12チーム以上増やさない事でもお分かりなるかと思います。さてそうはいっても広げてしまった「風呂敷」、今さらにたたみ込むわけにはいきませんね。100年構想も20年が過ぎました、あと80年2096年には、大きく成長したサッカー界とそこでプレーする選手たちが幸福でありますこと、祈るばかりです。そのためには、次回にご説明しますが、「アマチュアリーグの発展」「逆ピラミッド理論」「アスリートの付加価値」の3点について、ご案内していきます。(今日は真面目に記述しました(笑)。)

0 コメント

崖っぷちリーグ最終戦

崖っぷちリーグ戦もいよいよ明日9月25日(日曜日)が最終戦になる。対戦は現在2位の横浜猛蹴(たける)。勝利すれば現在の8位から、他力本願とはなるが7位以上の可能性がある。8位では、ひょっとすると年内(12月25日予定)に関東リーグ2部2位のチームとの入れ替え戦の可能性があるからだ。是非とも、昨年最終戦での横浜さんとの引き分け(優勝逃す)のリベンジを叶えたいものである。試合終了後、写真のような笑顔で終わりたい。

0 コメント

FA

1863年12月19日、イングランドサッカー協会(FA)にて統一ルールが決まり初めての試合がリッチモンド対バーンズ戦で開催された。それまではイギリス全土にて様々なるルールのもとサッカーが行われており、地域対抗でもかなりの混乱をみることになった。イングランド、スコットランド、ウエールズ、北アイルランドの4カ国が一同に集い、14条からなる世界で最初の統一ルールが作成された。写真は当時の手書き「競技規則」であり、マンチェスターの国立サッカー博物館に展示されている。イングランド行かれるかたは、ビアパブばかりに行かずに、博物館にもいきましょう。お勉強になるとおもいますよ。最初のルールで面白いのがゴールの幅8ヤード(7.3m)が決まっていることである。何故に8ヤードなのか?定かではないのでまた調査してみる。ラグビーと同様に両方のポールには紐なり、棒が渡されてないというのが規定されているので、まさに青天井のゴールであった。高さ制限がないから、当時の選手はシュートは楽だったかと思う(笑)。しかしラグビーの様にはいかない。ラグビーはプレスキックの際には、相手チームはポールまで下がり、タッチジャッジ2名がそれぞれのポールしたで、主審との連携をとってボールの軌跡を追っている。サッカーだとそうはいかない。常にシュートが打たれるわけだから、それこそ「ゴールイン」「アウト」で相当にもめたことだろう。多分英国人の事だから試合中の喧嘩が絶えなかったと想像する(笑)。1871年にGKのポジション導入が決まった。GK入れるということは、高さの上限がここで決まったのであろう。あくまでも想像であるが、単純にもともとゴール幅が8ヤードと決まっているわけで 高さは1/1.1/2.1/3.1/4のどれがであろう。1/1,1/2ではGKを置く意味がない(高さが7m~3.5m)従って、1/3(2.3m)に設定したのだと考える。ここでゴールの寸法は横幅が先駆だということが証明された。時は流れて、1970年メキシコワールドカップ(ペレ、リベリーノ、ジャイルジーニヨ、トスタオ、率いるブラジル優勝)に初めて、「イエローカード」「レッドカード」が採用された。といっても「カード」ではなくて、当時は「ハンカチ」である。(そこから高倉健さんの黄色いハンカチが映画になったとは誰も言ってない)。前回1966年ロンドンワールドカップでのペレ選手への暴力的な反則、アルゼンチン、「ラチン」主将のイングランド選手への暴行等が原因となっている。「カード」が採用されるまでの、およそ100年は多くの優秀な選手が乱暴な反則で痛められ、引退せざるを得ないことだったろう。サッカーの競技規則は FIFAとは異なった国際サッカー評議会(IFBA)にて毎年審議されている。英国の4カ国4名の代表とFIFAからの4名の代表、合計8名の選考委員の内6名以上の承認をとらないと、競技規則の変更はできない。だいだい、毎年6月1日発表され、世界的には7月1日から施工される。最近目新しいのは、2010年南アフリカワールカップ誤審が引き金となって、2012年ゴールラインテクノロジーの導入が採用された(ゴールの機械判定)。こうして年月と経験を踏まえてサッカーのルールは改善されてきているが、相変わらず「オフサイドルール」については、試行錯誤状態であるといえる。いっそのこと辞めたらいいのにと、無責任にも思っている。(笑)

0 コメント

スタジアム

昭和33年頃、父親に良く連れられて後楽園球場に行った(開場1937年~閉場1987年)読売巨人軍に立教大学から長嶋茂雄さんが入団したからだ。もともと巨人ファンである親爺は一段と球場通いが続いた。私はそんなに野球に興味はないが、何しろ球場内の「ホットドック」が最高のプレゼントであった。ソーセージが大きく、玉ねぎ入れ放題。野球が終われば隣の遊園地でジェットコースターに綿あめ。野球見物の定番であるから、ときどき母親もついてきた時には途中抜け出して、遊園地によくいった。野球は何時に終わるかわからないからだ。そうやって、西武園にも行った。同様に西武ライオンズの応援と西武園でのゴーカートが楽しかった。親爺も子供をつれだせば母も文句言わないので必ず私をひきまわした。お蔭さまで興味のなかった野球に中学入学したときには野球部に入ったくらいだ。後楽園も西武球場も家族が楽しめる施設がある。一方サッカースタジアムはどうか?埼玉スタジアム2002、鹿島スタジアム、横浜スタジアム、どこもサッカー一色。サッカー観戦以外は来ないで結構ですって言った感じである。これでは家族を連れていけない、そういったエンターテイメント性がサッカースタジアムには全くない。大阪にできた吹田サッカースタジアムに多少期待している。サッカーに興味のない奥様も楽しめる、お子様もサッカーに興味をもってもらえる、父親が無理やり連れださなくても、喜んだついてくるような「ボールパーク」(大リーグではスタジアム周辺もあわせてエンターテイメントをそう呼んでいる) の建設を考えてほしいものだ。2002年から全く周辺施設が改善されてない、埼玉2002スタジアムには本当にがっかりした。

0 コメント

正しい日本語

60年も生きていて、いまだに「怪しい日本語」を使っているかと思うと自分でもがっかりする。若いエリースのメンバーが、客先で或いは上司に対して恥かかないよう、気を付けてもらいたいものだ。下記のよくであう、言葉を列挙する、貴方は何点かな?

 

1.どういうご用件でしょうか?→宜しければご用件を承ります。

  (不審者には前述でもOK)

2。筆記用具をご持参ください→筆記用具をお持ちください。

  (持参の参は謙譲語であるから相手には使えない)

3.先日お会いしたときに..→先日お目にかかりましたときに...

4.お休み頂いております→休暇を頂いております。

  (自分側の人間におをつけるのはNG)

5.とんでもありません。。→とんでもないことです。

  (とんでもないで一つの合成語)

6.どうかいたしましたか?→どうかなさいましたか?

 (いたすは謙譲語のため)

7.何かご質問は?...→ 何かご質問はございませんか?(プレゼンで良く出る言葉注意)

8.ご都合どうですか?..→ ご都合はいかがでしょうか?

9.割引券がご利用できます。→ 割引券がご利用なれます。(できますは謙譲語でNG)

10 お先します...→ お先に失礼します。(同僚・部下ならOK)

 

どうですか? 頭痛くなりませんか(笑)。

私が良く部下に気を付けるように指導していた言葉を下記の如くです。

 

1.「え!」 → 話しかけたときに、こういった反応をする者がいました。少なくとも上司には「はい!」でしょう。

2.「ですから」→ エリースで何でも冒頭に「ですから」をつける御仁がいます。これは相当に失礼です。

       「ですから何度も言っているように。」「何度言ったら理解するのですか?」といったニュアンスで

       相手を小馬鹿にしたように思われます。

3.「ご苦労様です」 → 「お疲れさまです」特に上司にはご苦労はない。

4・「なるほど」 → 部下に言われたときには 頭叩きました。(笑)

5.「イヤイヤイヤ」→ 流行り言葉だが 聞く側は不愉快。(否定は1回でよい)

 

日本語は難しいです。

 

0 コメント

スター

スカーレットヨハンソン米国女優31歳。現在最も輝けるスター女優の一人である。彼女を初めてみたのが1997年「ホームアローン3」。13歳の可愛い細身の女の子で印象に残ったが、まさか!こんな大女優になるとは思わなかった。出世作は2003年の「ロスト・イン・トランスレーション」で「ビル・マーレイ」と共演。数々の賞をとった。2005年の「マッチポイント」は私の好きな映画で本作で「ゴールデングローブ賞」助演女優賞にノミネートされた実績をもつ。ただ、美人でスタイルがいいだけの女優ではない。ところが最近気になっている、2010年「アイアンマン」、2011年アベンジャーズ」、2014年「キャプテンアメリカ」、2017年「攻殻機動隊(撮影中)」と、立て続けにSFチックな映画に出演していることだ。まあシリーズものだけに致し方ないが、是非とも、「大人の愛」を演じた作品に巡りあってほしいものである。(まったくの一ファンとして)。」以下最近観た作品の個人採点である。(5点満点)

 

1.シンゴジラ 3.5

2.キングオフエジプト 3.5

3.グランドイリュージョン 3.8

4.ディアスポリス 3.0 (シリーズ物とは知らなかった(笑)

5.スーサイドスクワット 4.0

6.ブリッジオブスパイ 4.5

7.オデッセイ 4.0

8・マネーショート 3.8

9.バットマン&スーパーマン 4.0

10フィフスウェイブ 4.1

11デットプール 3.0

12ロストバケーション 3.5

13エリースモチベーションビデオ(製作:樫原美沙、守屋玲央) 5.0

 

※基本的に邦画は時代物以外はあまり観ない。以上勝手ながらの採点でした。(笑)

 

 

2 コメント

熱戦!

多くの皆さまの声援に感謝もうしあげます。エリースFC東京は19日(月)関東サッカーリーグ後期第8節対tonan前橋戦に1-0にて勝利いたしまして、残留が内定いたしました。tonan前橋さんも負ければ降格内定ということで、懸命に攻めてきました。エリースが後半3分に阿川選手の強烈なシュートが決まってからは、怒涛の攻めをうけましてシュート16本を懸命に守ったわけです。GK白子中心によく守ってくれました。tonan前橋さんとは長いお付き合いで、監督、理事とも大変親しく、お世話になっていることから、勝利しても私自身は複雑な気持ちであります。勝負の世界は厳しい、残酷な形で私どもを苦しめます。内定と記載したのは確定ではないといいうことです。tonan前橋さんは、東京23、或いはVONDS市原がJFLへ昇格すれば残留が決まります。またエリースは、JFLからの降格チームがあれば、現状8位であることから、関東二部二位との入れ替え戦の可能性もあるわけです。すべてが決まるのは11月末ということになりますので、次週最終戦で他力本願ですが、7位の安全圏を確定させたいものです。引き続き、皆さまのご声援をお願いいたします。最終戦、強敵(今は)横浜猛蹴戦、9月25日(日)14時00分工学院グランドでの最終戦を力いっぱいに戦ってもらいたいものです。

1 コメント

大学リーグ

今日は、3試合それぞれカテゴリーの異なった試合を観戦した。1戦目は保土ヶ谷公園球技場にて11時00分KO関東社会人サッカーリーグ一部優勝決定戦、東京23(リーグ一位)対横浜猛蹴(たけるリーグ二位)。2-1にて東京23が勝利して一部優勝に輝いた。西村代表、石田理事、本当におめでとうございます!JFL昇格目指して、次の全国地域リーグ決勝大会も勝ち進んでいただきたい。二戦目は15時20分KO東京都社会人二部リーグ。エリースFC・DX対野村総研の試合、1-0にてエリースの勝利。かなり苦しんだ試合を巣鴨にある、三菱養和グランドの真新しい人工芝で展開された。エリースDXは今期あまり調子は伸びずに、現在東京都リーグ二部の6位あたりをウロウロしているが、秋に開催される東京都二部リーグカップ戦並びに2017年東京カップ第一次予選が10月から始まる。是非とも復調してもらいたい。最後は17時20分KO東大御殿下での東京都大学一部リーグ東京大学対立教大学。2-1にて東京大学が勝利した。母校の苦渋に満ちた敗戦は声かけることもできずに帰宅した。現在2位であるが本日の敗戦で順位は下がったであろうが、何としても4位以内にははいってもらい、10月末からの茨城県笠松運動公園で開催される関東代表決定戦(関東大学リーグ二部昇格試合)の、切符をとってもらいたいと願っている。私が昨年から立教大学体育会サッカー部のGMを仰せつかり、なおさら首がかかっているので、祈念している(笑)。画像はその東京大学御殿下グランドでのナイトゲームでの写真である。負けたから言うわけでもないが、とても大学リーグを開催する照明の明るさではない。負傷者がでてもおかしくない。開催理由はわからないが、来季はやめていただきたい。そういった事を学生に任せないで、GM自ら大学リーグ実行委員会に参加する必要性を感じている。五月蠅い親爺が立教から来ると、大学連盟は嫌がるかと思うが。(笑)

4 コメント

to WIN!

2016年9月19日(月曜日)11時30分KO.

いよいよ、関東リーグ一部残留をかけての、直接対決。相手は群馬県の「tonan前橋」さん。前期は惜しくも敗戦。何としても聖地西が丘にて勝利を目指す!!

皆さまの熱い応援をお願いいたします。

0 コメント

ARIES ECC

さあ、二回目の「エリースECC」。TOEIC500点以上の方は見ないでください(レベルは低いです)(笑)。写真にある、「VALET PARKING」のお話し。「VALET]はお手伝いをする意味ですが、海外では良くホテルやらレストランにて見かける駐車サービスです。発音は「ヴァレイ」ですが、「バレット」と発音してもいいようです。できれば「ヴァレイ」がお勧めですね。要は、ホテル玄関につくと、「VALET」と「SELF」に分かれます。ハワイ、パリ、シスコ等ホテルが密に並んでいる地域では駐車場が隣接してない事が多く、ほとんどが「VALET」採用です。ボーイにお願いすれば入庫、出庫も全てお任せになります。日本では私が知っている限りでは、新宿高島屋と六本木ヒルズのホテルが採用していて、あとは大部分がホテル駐車場を地下に設けているので「SELF]が多いですね。人件費の問題もあって、日本では採用しているところは少ないですね。一方海外では、ハワイのボーイにチップ弾むと、普段より10分は早く車がきますね。(笑)彼らはチップが全てですからアスリートの様に速いです。日本ではともかく、海外では大いに利用すべきで、レンタカーでの使用となりますから(観光の場合)、車内の盗難等の心配もありません。映画で良く見かけるシーンは車種によってボーイがその客の品定めをするところですね。いやらしいですがセルブにとっては心地良いワンシーンとなります。以前友人とパリに行った時、彼が借りた「オペル」(何でオペルなの?)をボーイは駐車場からもってくるのですが、30分かかっても来ませんでした。そのうち車が来たのですが、サイドプレーキを解除する操作が分からずについに、サイド引いたままで走ってきました。(笑)自分の車でなくてよかったと思いますよね。この車ミュンヘンで借りたのですが、駐車場から出るのに、友人も私もサイドブレーキの解除が分からず、ボーイさん同様に駐車場に30分はいましたね。(笑) (だから!何でオペルなんだよ。)

あなたは、どちらを選びますか?「SELF]と「VALET]? 

 

0 コメント

家族の絆

何でも流行りものには、手を出す。やってみる。のが小宮家の家風である。ご多分に洩れずに「ポケモンGO」に手を出してみた。考えてみれば、小宮家娘二人を交えて、ゲームを良くやってきていた。1986年「ゼルダの伝説」「ドラクエ」1987年「ファイナルファンタジー」1985年「三国志」。特に「ドラクエ」は初期から3Dになるまで完全制覇。良く夏休みの旅行では家族での車内でのゲームは「ドラクエの呪文での山手線ゲーム」をやる。しりとりのように3人で続けた思い出がある。もちろんクマさん(妻)はまったく疎いので、我々のゲームには入れない。私が個人的につきつめたのは、シブサワ・コウさんの「三国志Ⅱ」である。これにははまった。吉川栄治さんの小説「三国志」を買い込んで、読み切って武将の相性を覚えたほどである。今でも少なくとも100名の武将は「劉備、関羽、張飛から始まりそらんじることができる」(何ら役には立たないが)(笑)。シブサワコウさんは現在NHK大河ドラマ「真田丸」のCGを監修されている。「信長の野望」で一世風靡した名プロデューサーである。一度会って三国志について、とことん話をしたい方だ。そうこうして小宮家の家族、特に娘たちとのよくある父親との断裂は全くなかった。ゲームが家族の共通の話題であったからである。今でもゲーマーの長女はなんでも完璧にコンプリートする能力は家族一番である。そんな家族で「ポケモンGO」だけは、私だけが手を出している。長女はやりたくても千葉県大網白里市では、モンスターがいない(笑)。次女は学校が忙しいようだ。誰も話し相手になってくれない(悲)。私の「ポケモンGO」の寿命はそんなに長くはないであろう。因みに、トレーナー名の「TAICHAN」は初孫の名前からとっている。

0 コメント

黄金比

今日は、サッカーはやったことないが、観戦は好きだという女の子のための解説です(別に男性でもいいのですが)(笑)。画像にありますように実際にピッチにたつ選手には人口芝でもないかぎり見れない、芝目のラインが鮮明にTVだとみえますね。画像のペナルティーエリア内には3本の帯でひかれているのが(実際には芝の順目と逆目)見て取れます。ペナルティーエリアの縦幅は16.5mありますから、一本の帯は5.5mになります。ですからPKマークはゴールから11.0mですので、ちょうど2本目の帯と3本目の帯に境に位置します。これがずれていれば寸法が間違っていることになります。サッカーのフィールドは縦105m、横68mが国際基準(ワールドカップ等の公式大会で採用)で決まっております。何故に?105メートなんでしょうか? また始まりました。「私の悪い癖」(笑)。 FIFAの規則では縦90m~120mであれば良しとなっております。ですから丁度真ん中とると、105mになります。横幅は45m~90mですから、真ん中とって68m(実際には67,5m)となります。結構、適当でしょ?! 芝生の帯は5.5mですから、105m÷5.5m=19.09。要は芝生の帯が全体で19本、右側に9本、左側に9本、残った1本が中央になりますので、中途半端になっています。競技場によってはハーフウェイラインにそって、刈込しますので、5.5の基準がペナルテイエリアをでてからは適当になっている競技場もみかけます。TVをご覧になって、芝生帯2本が11メートルですから、フリーキックの壁をつくるときにその帯を参考に9.15m離れているか、参考にするのも面白いですよ。もし?仮に私に競技場を作らせてくれるのなら、縦は絶対に110mにします。そうすれば芝生の帯が綺麗に20本並びます。(笑)。また 縦110mと横68mの比率を計算してみてください。間違えなければ必ず、1.6176となります。この比率は「Golden Ratio」。そう「黄金比」ですね。「黄金比」とは人間にとって最も安定し、美しい比率とされ美術的要素の一つとなってます。ダビンチも計算して絵を描いたそうです。皆さんがお使いのクレジットカード、名刺も黄金比で作製されいるのが多いはずです。そこまでFIFAには、人物がいなかったということですね。(笑) 

0 コメント

杏理2

坂元杏理ライブスケジュールです。

ご興味のある方はお越しください。

 

9月23日(金)代官山WEEKEND GARAGE TOKYO 19時OPEN 19時30分START

チップ制

 

9月26日(月)麹町PACO ①19時30分、②20時30分 ③21時30分 料金¥2100

 

10月06日(木)パールRHODES 

OPEN18時00分 ①20時 ②21時30分

料金¥2500 渋谷区桜が丘町17-9 第二昭和ビルB1 ℡03-6427-0149

 

10月29日(土)自由が丘hyphen Halloween Jazz Live 19時30分OPEN, 20時00分START、

0 コメント

崖っぷちリーグ2

崖っぷちリーグ第1戦、対流通経済大学サッカー部戦は、3-0にて勝利した。前半久保田のPK,後半は飯塚と市村の素晴らしい得点での完勝。ようやく怪我から復帰した平岩(DF)、市村、阿川(FW)+常盤の復帰がチームを大きく変えてくれた。勿論既存メンバーの平日の絶え間ない努力も忘れてはならない。これで次週の対tonan前橋戦に勝利すれば一部残留が確定する。9月19日(月曜日)聖地西が丘サッカー場にて開催する。皆さまの熱い声援をお願いしたい。

1 コメント

生きがい

モアナサーフライダー・ウエスティンリゾート&スパ。私が大好きなハワイオワフ島のホテルである。企業買収が盛んなハワイのホテル。名称が年中変更されるのは当たり前のようになっているが 御多分に漏れず当ホテルも様々な変遷があった。しかしながら「モアナ」の名称は削除されずに生き残っている。一つ前は、シェラトンモアナサーフライダー、オワフ島最初の観光ホテルとして1901年創業の由緒が残っているからであろう、「モアナ」の意味はハワイ語で「海・太平洋」である。従ってツアーTAGのコードも「MO」は120年変わる事がない。写真の右手屋根は、ホテルのタオルデスク、ここの担当女性はかなりの美人であったが(30年前)残念。今もスタイルは変わらず、白のホテルポロシャツ、白パンツに白シューズは変わらない。いつも私を見つけるとパイナップルをサービスしてくれる優しい女性である。写真左手に枠外であるが 円形のバー「ザ・ビーチ・バー」がある。ここが一番好きな場所であり一日海見ながらマイタイでも飲んでいると、まったく飽きないスペースである。「あ~ハワイに来たんだな!」といった感傷に浸れる。2013年7月嬉しいことに長女がこのホテルを選んで挙式をあげてくれた。但し一緒のホテルは遠慮してくれ?とのことで、しぶしぶお向かいのプリンセスカイウラニ「PK]に宿泊することになった。多分親族をきずかってのことだろう。彼女らしい。「PK」も良いホテルであるが多少古くなった、昔はJAL・CAの定宿であったことから、学生時代からいつもこの辺をウロウロしていた記憶がある(笑) たぶん当時のCAへの憧れは半端ではなかったのだろう。長女の挙式前月、私の「悪性リンパ腫」が判明した。喉元にゴム消し状の腫瘍ができた、いわゆる「がん」である。順天堂大学練馬病院の先生と相談して手術は結婚式のあとでお願いすることになった。そう、だから娘の挙式は素晴らしい式典で人生の一番大事な時ではあったが、一方、自分の命への不安をもかき消すことは滞在中には出来なかった。お蔭さまで今では、健康をとりもどし、髪の毛もとりもどしたが、次女が挙式するまでは体を大事にしなくてはいけないと思っている。エリースシニアの皆さんもそんな状況になる年代になったことですから、お気をつけください。ハワイに行かれることがあれば、一度はこのホテルに訪れてください。歴史と伝統に触れ、優しさを与えてくれます。

 

P.S.写真下部で切れてますが、ホテルからの注意書きが立札であります。

「本日のプールはしまった。」と書かれている。(何か?変ですね)

0 コメント

保険

先日、8日にリオ・オリンピックサッカー代表監督 「手倉森誠」氏の代表コーチ就任の記者会見がありました。オリンピックが終了し、ハリルさんのサポートに再度コーチ就任だと言うことですね。手倉森さん、あのふてぶてしい面構え(失礼)、試合中も試合後の記者会見でも感情をおもてに出さずに追い込まれても、平然としている姿勢はギャンブラーの匂いがしますね。と思っていたら、何をかくそう、青森県五戸高校から住友金属に入社後でも、サッカーよりパチンコに夢中になり、ジーコがパチンコ店に探しにきたそうです。1992年末解雇されたとき(Jリーグに備えてのチーム内整理)は、頭にきて中山競馬場にて全財産(600万円から1200万円)を二日間で使いきったそうです(Wikipedia)。凄い人ですね!!。その後NEC山形に移籍して選手として活躍しましたが、何といっても2011年震災後あのベガルタ仙台を導いたリーダシップが光ります。NEC当時は双子兄弟で有名なハンサムな選手でした。実はエリースにいた女子マネが彼を慕って、会社辞めて、エリースやめて、山形に引っ越しました。私が何度止めても、「恋」にはかないませんでした。(笑) 彼女は今頃何をしているのか?消息は不明です。そんな強者ですから、サッカーの監督には適当な人材かとJFAも期待しているのでしょう。流石にギャンブルは中山以来止めたそうです。(お金もないよね(笑))。リオではパットしなかった日本サッカー、「ハリルマジック」 やら「祈祷」 でも何でもいいから最終予選突破していただきたい。いざとなれば後ろには、ギャンブラー竹山(カンニング)が控えてますから。JFAもそんな人事を密かに考えてのことでしょうね。

0 コメント

Reset!

9月3日(土曜日)久しぶりにシニア60の試合後、赤羽駅前屋台での懇親会を楽しみにしていたが、深川の大将の誕生日会であったこと、すっかり失念していた。大将は私が東京エレクトロンに入社した1980年当時、アメリカベンダーの日本支社部長として活躍されており、その縁で長年お付き合いをさせていただいた。良くも悪くもビジネス上では「騙しあい」をしていた仲である。ほとんどが私が騙されて損失していた(笑)。晩年というか、50歳過ぎてからは、奥さまと赤坂家庭料理屋「深川」の大将として、我々エリースの仲間は何度なくお世話になった方である。「深川」が閉めてから久しい、本当に懇親会の会場に苦労する。その彼が66歳の誕生日で奥多摩の「沢井」まで来てくれとのこと、無視すれば大変な事になるであろう事は予測できた。新宿から90分かけて出向いた。最初は「御嵩山」(みたけ)麓での、「お蕎麦とお酒」。それから散策を90分、美術館鑑賞でまた食事。それからまた歩いて行きついたのは 「澤乃井」で有名な酒蔵。酒蔵の見学試飲会は残念ながら時間に間に合わず諦めた。最後は多摩川の川辺「澤乃井園」での飲み会で落ち着いた。多摩川の上流、木々に囲まれた静かで、いくらでもお酒がすすむ場として有名である。ところが、運悪く、隣のグループ50歳~60歳の中年男性5名であったが、私どもが着席した17時頃には既に、酩酊状態!。 本格的なトレッキングの服装であったので、きっと「御嵩山」でも登ったかえりだと思う。暑さと疲れに、脱水症状がでてしまったらやばいが 澤乃井のお酒がテーブル狭しと並んでいる。既に呂律は回らず、歩くと必ず倒れる(笑)。テーブルの下に吐きまくっていた。もう最悪! すっかり酔いもさめて帰路につくことにした。やはりお酒は先に酔った者勝ちである。(笑)

久しぶりの 御嵩渓谷の散策、美味しい空気と気の合った仲間、森林浴を楽しんだ一日であった。昨今の「山ブーム」わかるような気がする。大将!お誕生日おめでとございます。これからもお元気で「深川」の復活を期待しております。 (NPOエリースFCメンバー 一同)

0 コメント

Breakfast

小宮家の朝食メニュ-です。何て事はありえなくて、先日会合のあったホテルでの朝食写真です。定期的に2カ月に一度の会があり、各ジャンルのメンバーが集まり、フリ-ディスカッションとディベートのセッションを実施します。刺激的で頭が狂いそうになりますが、いいトレーニングになります。会員になってまず嫌だなと思ったことは、「朝が早いこと!」 「皆、我儘で話が長い!」の2点ですね。特に中国の方は意見を譲らないし、時間を守らない。日本人は引き下がりすぎかもしれませんね。そんな会合で唯一楽しみなのは会議後の朝食サービスです。ですから、「ブレックファスト・ミーティング」と呼称されてますが、ホテルでの朝食がいただけることが大変楽しみであります。(笑)。 んで、Breakfastなんですが、ご存じの如く、「Break」と「Fast]からきてますね。Breakは「壊す」、Fastは「断食」ですから、断食をやめて食する最初の食事という意味からきてます。またどうでもいい事にきになってますが、ブレックファストと読んだり、ブレックファーストを表示したりしますね。本来はfastは断食であって、速いという意味のfastではないので、前者かなと思ってましたら、スターバックスの表示は 「イングリッシュブレックファーストティー」となってます。どの店もそう統一されてます。どうやら、USA系はファーストなんだなと思ってます。(どなたか?説明できるかた教えてください) 面倒な男です。(笑)

そうそう、その会合で会議後にサッカー好きなの方から質問がありまして、「ハリルジャパン」は大丈夫ですか?と聞かれましたので、「審判次第ですね!」と答えておきました。エリースは「選手次第です」ね。

0 コメント

ハリルの戦い2(throw in the towel)

昨日は良かったですね。ようやく勝ち点3とりました。しかしながら、ヨーロッパ組が調子悪いと厳しいね、(先発8名が海外)。ゴール前での本田選手の空振りには ハリル監督は「タオル」を投げて怒ってました。この写真は平家の落ち武者ではく、立派な日本代表監督であります。雨が嫌いなのか?このユーゴスラビア人は終始タオルを頭にかぶせてました。もう少し、あか抜けた方がいいかと思ったりして見てました。この試合に敗戦すると進退問題にも発展しかねないので懸命なコーチングだったかと思ってます。日本のことわざに「匙を投げる」(さじをなげる)というのがあります。

漢方薬等の薬の調合をしているときに、どうしても上手くいかない、諦めたときに、医者は「匙をなげる」そうです。欧米でも同様の言葉があって、表記の「throw in the towel 」です。ボクシングでセコンドが敗戦を認めたときに、リング内に投げ入れることになってます。本田選手の空振りの時に、ハリルさんの投げた「towel]は 一見上品な表現にも見えますが、日本の敗戦を認めたようにも捉えられます。タオルを投げる習慣のない日本人とそのチームですから、気が付く人はいませんが、嫌な雰囲気をベンチ側で醸し出したかもしれませんね。(あくまでも想像です)

サッカーの監督がきれた時のしぐさは千差万別。ペットボトルを蹴る ベンチを蹴る、怒鳴る! 私は監督時代きれた時はそばにいる選手の首絞めてました。(笑) ハリルさんにも 是非次回からは 「タオルとか匙」ではないものをを投げていただきたい。そんなゲームがあと8試合続きます。

14 コメント

杏理

昨日は、今最も期待されているジャズ歌手「坂元杏理」のライブに行ってきた。場所は桜木町、少々遠方だが午後7時には何とか間に合った。知ったように書いているがジャズを聴くのはこれが人生3度目(笑)。1回目は赤坂のブルーノート、二回目と三回目が「杏理」さんのコンサートである。写真がボケて申し訳ない。評論家でもない素人が言うのもなんだが、その美しい歌声は素晴らしいと思う。親爺を知っている方は信じられないかもしれない。親爺? そうお名前の通り、あの群馬銀行藤岡支店で有名なエリースシニア、GCで活躍されている「坂元一也」氏である。杏理さんは坂元氏の長女であります。坂元氏もまた私の横でお嬢さんが歌っている姿を嬉しそうに見ている。エリース30周年記念式典(2000年)六本木は全日空ホテルで開催されたとき、坂元さんが幼いお嬢さんをつれて参加していた。あの時のお嬢さんが今は立派にプロシンガーとして頑張っている。何とも言えず嬉しい限り。前半後半で約20曲は歌ったのか、私が知っていた曲はたったの2曲(情けない)。しかしながらその2曲は嬉しかった。「My Favorite Things」。「サウンド・オブ・ミュージック」でジュリーアンドリュースが歌った曲であるが、今はJR東海CM「そうだ京都いこう」であまりに有名。もう1曲はアンコールで歌ってくれた「ロバータフラック」の「Feel Like Makin’ Love」。1970年代のロバータフラック、キャロルキング、サイモン&ガーファンクル、ダイアナロスが昨日は桜木町「JAZZ SPOT DOLPHY]で蘇ってきた。ありがとうね。「杏理 あんり」さん。

0 コメント

D.C.C

先日、自宅近くのコンビニに買い物に行ったときのお話し。顔なじみの店員さんが、せっせと買い物籠を下に置き、棚からお弁当を落としていた。「何しているの?」と尋ねたら、期限切れになった商品をかたずけているとの返答。いらないなら私に頂戴とお願いしたが駄目だった。(笑) 良く聞いてみたら、期限がすぎる3時間前、例)賞味期限09.01.午後4時なら、当日の午後1時になるとレジのバーコードが読めなくなるそうな。従って売れない商品であるから、こうして籠に入れて返品するそうです。返品された商品は?当然廃棄処分になるとのこと。時は丁度「熊本震災」の直後であったので、熊本県では「食糧難」で困っている住民がいる一方で、東京では大量に食品を捨てている現実がある。何ともやるせない気分になった。何とかならないの?全国コンビニエンスストアは、2016年で56724店舗あるそうな。仮に1店舗で3日1回10食を廃棄したとして、一週間で20食(少な目)、X56724店舗=113万食.

一週間で113万人分の食事が廃棄されていることになる。(あくまでも私の試算)。被災があって全国から食料がコンビニエンスからも、113万食届くようなシステムがないものか?素人では考えもつかない難しいことがあるのかと思うが、「何とかならないの?」である。NPO法人エリースは、2015年度より、「エリースDCC」を立ち上げてきた。DCCとは、「Disaster Countermeasures Commitee」の略称である。クラブ内での危機・災害管理体制を構築するワーキンググループを立ち上げている。メンバーは、各分野から集まってもらっている。(電通、オリコム、丸紅、ソニー、サントリー、横河電機、ワールド)等に各企業からエリースのメンバーが集まり、意見交換なり今後の対応を検討している。2016年はシニアチームの緊急連絡網の整備で、個人情報の厳しいなか選手が試合中或いは自宅からの往復時にて、何らかの事故或いは被災されたときに、現状では本人の携帯番号とアドレスしか知らない現状から、緊急時には、そのチームスタッフからご家族へ連絡ができるような体制を構築した。現状はほとんどのクラブ員が企業に勤めていることから、緊急対応は所属企業に委ねる部分が多いが、今後20年もすれば当然ながら、年金生活者が増加することで、エリースクラブ内でのこういった体制は必ずや重要なシステムとして機能するものと考える。関東内での緊急対応が、それこそコンビニ弁当と水の確保と移送手段など、アイデアは豊富にある。マグニチュード6.8以上の地震が関東圏で今後30年間で60%の可能性があるとの政府発表があったのが昨年2015年。何とか1年はもったが、代わりに熊本震災、北海道に台風、その他各地で被災が起きている現状、自己防衛とクラブ防衛に努めなけれならない。

0 コメント

崖っぷちリーグ

少し写真が、傾いてますがご容赦願います。関東サッカーリーグも残り3試合での状態です。下位2チームが関東二部に降格いたしますので、エリースFC東京としては、何としても残り3連勝する必要があります。他力本願ですと2勝でしょうか?

9月11日大井競技場、9月19日西が丘サッカー、9月25日工学院大学グランド、是非!!皆さまの応援をお待ちしております。

0 コメント

ゼロ・パーセント

何か! ワールドカップ本選の道は「0パーセント」だそうです。寂しいですね。じょ!冗談でしょ。まだ9試合残ってますから、ちと結論出すのは早すぎます。しかしながら、最終予選の1回戦敗戦チームは本戦出場の記録が過去にないようです。ハリルジャパンが初めてそのジンクスを破ることになります。それにしても、UAEにホームで負けて、2得点した相手選手も「ハリル」というそうです。皮肉だね。

 

ハリルジャパン。皆さんの評価は如何ですか?昨日9月1日の試合を含めて、11勝3敗4分勝率61%は悪くないですよね。過去の日本代表監督の戦績を羅列しますと。以下のようになります。

1.ハビエルアギーレ(メキシコ)6勝3敗分60%、

2.アルベルトザッケローニ(イタリア)31勝13敗11分55%

3.岡田武史(日本)26勝、11敗13分52%

4.イビチャオシム(ユーゴ)13勝5敗2分65%

5.ジーコ(ブラジル)39勝18敗15分54%

6.フィリップトルシェ(フランス)23勝12敗15分46%

7.岡田武史(日本)9勝6敗4分41%

8.加茂周(日本)27勝14敗8分52%

9.ロベルトファルカン(ブラジル)3勝2敗4分33%

10.ハンスオフト(オランダ)19勝9敗10分50%

 

以上11名の歴代監督をそろえました。皆さんはどなたの評価高いですかね?

やはり、思いはワールドカップでの実績ば印象にあります。

1998年フランス大会(岡田)、2002年コリア日本大会(トルシェ)、2006年ドイツ大会(ジーコ)、2010年南アフリカ大会(岡田)、2014年ブラジル大会(ザッケローニ)以上の4名が記憶に残ってます。

そうすると、やはり好き嫌いは別として私はトルシェかな? ワールドカップ以外ですと何といっても大酒飲みの「オシム」さんに、落ち着きます。(笑)

 

 

 

0 コメント

F.R.A

NPO法人エリースフットボールクラブは、表記の「F.R.A」を、行動指針として謳っております。

F: Fair Play  常にフェアプレーであること

R: Respect  相手チームと個人を尊重すること

A: Appreciation 試合できることへの感謝の気持ちをもつこと

 

F: ファアプレー精神はどのスポーツ競技にも一般社会でも共通の課題であります。勝負に勝利することと常に矛盾した葛藤がそこに存在します。エリースは一流のアスリートを目指すのではなく、一流の社会人を育てる場であることから、常にこの難題には選手は兆戦すべき価値があります。 R:リスペクトとは相手を尊重すること。審判も含めて相手がいなければ試合は成立しません。試合中審判への暴言はもとより、相手チーム、相手選手への批判、中傷は避けるべきです。試合中相手選手への技術的(蹴れない)身体的(小さい)体力的(走れない)といった発言は 厳に慎むべきであります。A:感謝とは我々クラブチームにとって最も大切な言葉です。試合ができること、練習ができること、ユニフォームが着れること、全てがサポートしてくださる、OB,支援メンバー、サポーター、ご家族の皆さんのお蔭です。選手自身の努力も土台にはありますが、自分がピッチに今日も立てる事に喜びを感じましょう。感謝しましょう。

 

余談:先日R大学対A大学との東京都リーグ一部後期開幕戦を観戦した。試合は後半35分、2-0にてR大学がリードしていたときに、R大の選手と相手選手が交錯してR大の選手がピッチ上ハーフウェイあたりでうずくまった。しかしながら、A大学選手はリードされていることからも、試合を中断させないで、R大学ゴールを目指した。こういった場合の判断は難しい。自損で負傷してうずくまっているのであれば、まだ許せるが(時間稼ぎする奴もいるから)、接触プレーでの負傷については、試合を中断させるべきであり、その勇気がA大学の選手には持ち合わせがなかった。果たしてR大が逆の立場であったならどうしていたか?フェアープレー精神を発揮できるかといった話である。エリースであれば問題なくボールをタッチに蹴りだしている。そう私は信じている。試合後A大学のコーチが知人であったので「注意!」しておいたが、果たしてこの人物が話を真に伝えるかは?また本人の人間力の問題である。

0 コメント

エリプロ

エリプロとは?NPO法人エリースフットボールクラブの年鑑誌であり、毎年製作をして早いもので30年は過ぎている。当初は「選手総会」等でコピーで作成し配布していたものが冊子となり、内容的には各チームの戦績、メンバー表、会計報告、予算報告等内部資料で埋め尽くされている冊子である。製作者は私の会社に出入りしている、印刷屋さんに依頼して廉価で作成してもらっていた。今では「コンプライアンス」で怒られたかもしれない。(笑)そのうち、印刷屋の社長がいい人だったのだが会社自体を息子さんに引き継いだところから、どうも具合が悪いので副理事長の大塚氏に依頼して彼の指揮で製作が始まった。かれこれ20年はたっているであろう。当時担当者は今でも頑張ってくれている「岡部君」であった。最初に大塚氏が彼をエリースに連れてきた時は世田谷のグランドであった。会社の後輩で「小宮さんGK候補連れてきました」という事で彼に初めてあった。自己紹介で大学時代のポジションを聞いたら「はい!キャッチャーです」と真面目に答えたときは驚いた。確かにGKもキャッチャーも、そう変わるものではないな!と変な言い訳を彼にしたことを覚えている。(そんなわけない!)

大塚氏は時々こういった無茶をやる。(笑)それから岡部氏とは長い付き合いになった。どんな状況に置かれても黙々と仕事を処理するタイプであり、私にも大塚氏にもないタイプで大変助かった。彼が担当してから写真にあるように表紙もカラー化して見やすくなった。IT産業が発展し何でもデータ化の時代で、こういった冊子が30年も続けて発行することには凄く意義を感じる。保管と火事には困るが、やはり「紙」で残していくやり方は私は好きだ。本の業界が多少落ち込んでも、滅びることはあり得ない。電車のなかで、座席一列スマホを見ている中で、一人だけ本を読んでいる女性(漫画ではない)を見かけると知性を感じ、惚れてしまいそうになる。(笑)エリースのアーカイブは岡部君の努力で永永とプログラムとして続いてきた。そのうち強力な助っ人を大塚氏がまた見つけてきた。同社の熊谷氏である。今は熊谷氏と岡部氏で原稿のチェックからフォーマットの確認、デザイン等プロの目で厳しく見てもらっている。お二人には感謝してもしきれないほどにご負担をおかけしてしまっている。この場をかりて御礼もうしあげる。2016年よりそれまでのB5版からA4版に切り替えた。内容も「個人情報」掲載が厳しいので、選手・OB名簿は外し、会計・予算報告書も外し、外部の方でも入手できるようなプログラムに変身をした。来年は編集員のお二人にはご迷惑おかけしないよう、少しでも整理された原稿を納期を守って提出したいものだ。もし?お二人が「パワハラ」で大塚氏を訴えるときは、私も同罪であるが、何とか許していただきたい。(笑)

 

0 コメント

賞味期限

この写真は2010年東京カップ戦の6回目の優勝スナップかと思われる。今から4年前。エリースFC東京は2012年関東一部にて準優勝を果たすのだが、優勝チームは「SC相模原」今は立派に「J3」で活躍されている。いわばアマチュアでは関東1500チームの中で、エリースがトップにたった瞬間である。そのチーム作りの布石がこの2010年東京カップ優勝チームである。サッカーは「息が短い」どんなチームでも私は寿命「3年間」だと考える、これが「賞味期限」である。あとは、「消費期限」となっていく。本当に光り輝く期間(時間)は短い。昨今スポーツ医学も発達し、負傷者の手術も復帰が早くなり、再発も少ない。またトレーニング方法も近代化し35歳位までなら選手によってはトップで戦っていける。しかしながらチーム力として考えた場合には3年が限度、その間毎年選手の更新を実施しないとチームは必ず落ち込んでいく。厳しい世界である。プロチームは勿論「金銭」トレードにてまかなっていけるが、我々アマチュアとなるとそうはいかない。毎年、3名はフレッシュな選手を入会させようと努力している。従ってスカウティングはかなり重要となるが、昨今「J3」と「JFL」の台頭で、大学出の殆どの選手がまづは前述のカテゴリー或いは海外留学?してしまうのが 何とも辛い状況ではある。プロだろうが、アマチュアだろうが、大学出の選手は26歳前後で「賞味期限」は切れてしまう。あとは「消費期限」で選手によっては33歳位までなら、何とかやっていけるのが現状。しかしながら、敢えてその年齢を超えても頑張ってトップレベルのプレーをしているメンバーがいる。その日々の努力には尊敬に値する。たとえ「消費期限」がすぎても、そういった選手は「腐らない」。頑張れ! 頑張れエリースOVER33!!

0 コメント

長者通り

東京都練馬区石神井町4丁目、これが私の住んでいる住居表示である。実家が建築されて54年、私の自宅も早34年経過している。町内でも一番古い住民である。先日、町内会の「回覧板」が回ってきた。一応中を拝見して隣人にまわすのだが、今回は「敬老の日」特集で、75歳以上の老人には町内会から「金一封」がでるらしい。

「お香典の前金かと?」尋ねたら怒られた(笑)。希望者は回覧板に氏名・生年月日・住所を記載して申請するのだが、「個人情報」なんて通じない、緩い町なので皆 金一封欲しさに記載している。何と7名のおばあ様が記載しているのだが、大正9年生まれが1名、大正11年生まれが1名、大正14年生まれが2名、あとは昭和3年、10年と続く。81歳~96歳までの老人が頑張っている。平均年齢が88.9歳。日本人の平均女性寿命は86.83歳であるから、平均年齢が寿命年齢よりはるかに超えている長老集団であった。驚いた!皆ご主人は、とっくに亡くなっているのだが、女性はやはり強い! この長者通り、長生きしたいかたは、是非とも、引っ越してください。お待ちしております。但し効能は女性だけですね。我が家の雌猫は20年頑張った。 私の母親は88歳で息しており、相変わらず「毒」吐きまくっている。(笑)

0 コメント

奇数の原理2

8月5日に投稿しました、「奇数の原理」パート2です。皆さま解答がでましたでしょうか?何故に、団体スポーツは奇数人員が多いのか?というのが問題でした。話をスポーツから離れて芸能界に転じてみました。人気グループ SMAP5名、NEWS4名、関ジャニ7名、KAT-TUN3名、嵐5名。結構奇数メンバーでの構成がやはり多いですね。NEWSも結成時代は9名でした。SMAPは6名だったのが森君の脱退で現在の5名。ステージでワントップでピラミッド型に配置して歌ったり踊ったりすると 5名だと綺麗なピラミッドになりますが、6名だとセンターの後ろに一人位置しますので、隠れてしまいますね。森君はそこのポジションだったものですから、すねて、オートバイに走ったと持論ですが、勝手に思ってます。(笑)。そうそう、アポロ計画の宇宙飛行士も3名か5名となってます。これは確実に答えがあって、危機に遭遇してでの決断を多数決でとる場合を想定して、奇数にしております。さて、本題の団体競技ですが、正直明確な答えはありません! (申し訳ない)私のまたまた持論ですが、柔道も剣道も体操も団体戦は5名(先方、次鋒、中堅、副将、主将)ですよね。奇数にしないと結果がでないわけです。それが5名以上のスポーツにも反映していると考えます。要は良くいいますよね。「前の相手」に勝てなければ試合には勝てない。チーム競技でありながらも原則は1対1なのです。先日久しぶりに、大学生チームと練習試合をする、エリースFC東京とエリースDXを観戦しましたが、個人個人の対応で負けてましたね。「チームメイトの責めにしたり」「文句」が、チームの調子が悪い時には多くなります。何とか、公式戦までに立ち直ってほしいものですね。

「奇数の原理」 他に的確なる解答をお持ちの方は是非とも教えてください。!

 

P.S.添付写真は 50年前に立教中学校サッカー部で大会優勝したときのです。(1967年)

エリースのメンバー:鈴木英二(現シニア60)、呉正彦(同)、小宮敏裕(同) 岡村一弘(同) 平野悦治(同)がおりますが わからないよね!(笑) 当時もサッカーは11名でやっておりました。

 

0 コメント

良き仲間

先日、8月27日(土曜日)に「エリース選手総会」が池袋産業プラザ会館で開催された。エリースはNPO法人であり、毎年3月に決算報告をNPO法人下である社員(正会員37名)に承認をもって都庁に、事業収支と事業内容とあわせて提出をしているが、「選手総会」は毎年8月に実施される実行部隊の状況報告会となっている。今年も6チームの監督から昨年の戦績報告と今年の中間報告をしていただき、2015年度の優秀選手賞の発表をおこなっている。昨年度の優秀選手は

エリースGC:星裕文(入会81年)

エリースシニア60:呉正彦(入会70年)

エリースシニア50:小林一芳(入会82年)

エリースシニア40:幸内雅行(入会06年),エリースDX:星野俊樹(入会13年),エリースFC東京:桐原崇弘(入会15年)

 

以上の6名が表彰された。おめでとうございます。

会議後には恒例の懇親会。約40名のメンバー 22歳から65歳までの年齢層にいたっているが、みな和気あいあいと、夜遅くまで物凄く下らない話しに終始して楽しんだ。(笑)

いつまでたってもこのメンバーと飲むのは本当に嬉しいし、誇りにおもっている「良き仲間」である。

0 コメント

新事務所

現在、新規事務所を建築中であります。我が家の隣に建設しているのですが、兎に角面倒ですね。ライトから色彩から什器から、様々な問題がでてきます。1階は事務所と面談スペース(実は飲み会用)、2階は居住区になってます。設計は住友不動産、什器はLiXIL,TOTO、YAMAHA,協力会社は:三菱UFJ銀行,りそな銀行、野村不動産、飯田産業、税理士、練馬都税事務所、都庁、弁護士、司法書士、測量士、東京電力、JCOM,水道局など、こんな小さな住居ですが、多くの会社とメンバーが関わってくれてます。いい加減な回答すると怒られちゃいますので必死です。(笑) 6月末着工、12月末完成、引っ越し作業等で、明年の3月くらいまで、慌ただしい日々が続きます。完成後はエリースの新人候補選手を引き込んで、呑ませて、食わせて、入会するまで帰さない、恐ろしい館にしたいですね。(笑)

 

 

0 コメント