お金の使い道

世界の主要都市をあげるとすれ? 人々は何て答えますかね? ニューヨーク、ロンドン、パリ、東京、の4都市は必ずその中には入る大都会かと思います。ニューヨークの元市長マイケル・ブルームバーグ氏は御年74歳、ハーバードMBA取得後ソロモンブラザースから第108代ニューヨーク市長となった人です。2016年フォーブスが公表した長者番付けでは、世界第8位。その資産総額は400億ドル、約4.52兆円である。4兆円っていくら?というくらいかけ離れた数字である。彼は世界有数の資産家であり、情報・通信事業のゆるぎない世界的な地位を築きあげてきた。そんな彼だからこそ、市長選挙資金の75億円は私財で賄った。ちょうど今のトランプさんと同様ではあるが、アメリカ人セレブが好む寄付金への対応も年間200億円にも

のぼり、米国ではあのビル・ゲイツさんを抜いてトップである。そんな市長さんだから 年間2300万円の市長手当はいらないと断ったそうだ。しかしながら無償というのも法律上での問題があり、年間1ドルの契約をしたそうな。そんな彼が大統領選に出馬しなかったのは、アメリカにとっては大きな痛手にならなければいいが。ニューヨークの元市長と東京都前知事?あまりの格差に愕然とする。資金力はいたしかたないとしても、人間力では大敗である。