エリース金沢サミット2

6月末に訪問した石川県は金沢市。商工会議所での講演が終わり、さてさて美味いものでも食べるかと思いきや、エリースの悪友銀行員は東京に転勤してしまい一人でどうするか?まあ明日はツエーゲン金沢の試合を観戦する予定で楽しみにしていたが、何と勘違いで四国での試合との事。まったく時間が空いてしまった。仕方なく、ひがし茶屋街の 「十月亭(お勧めの日本料理)」女将としこたま日本酒を酌み交した。この女将が大の「カープファン」席上終始野球の話になり、先日まで広島にいたこともあってカープの話しで盛り上がって終わる。慣れない野球の話で頭が痛くなり、二次会はサッカー好きのマスターがいるお店に寄ったのが、写真の二人と出会いとなった次第。右側が元東京海上サッカー部の金田君、左側がツエーゲン金沢の現在はアンバサダーとして活躍されている諸江君。金田君は早稲田大→ツエーゲン金沢→東京海上サッカー部と移籍したが、サッカーをやはり真剣にやりたい。後輩の本田圭佑選手からも金沢のサッカーを盛り上げてほしいとの願いもあって、会社を勇退し故郷に帰って少年たちのサッカー指導から初めている。物凄く熱意のある好人物である。ちょっと顔が濃いけどね(笑)。一方諸江君は選手としては昨年で断念して今の要職についているが、東京にいれば是非ともエリースに入れたい選手である。好青年、体が大きい、イケメン。彼の面白いのは実家が「金箔つくり」の事業を行っていることだ。金沢と言えば「金箔」。全国生産量の99%埋めている。わずか1万分の1~2ミリの光の幕、金箔の薄さは芸術的である。彼から手持ちの金箔をお酒にいれてもらって飲んだが、酔っているので良く味もわからない(笑)。サッカー談義も金箔談義も酔っていて翌日には全て忘れている、しょうもない老人となってしまった。次回11月に訪問するときには、是非とも彼の実家、工房に伺ってみたいものだ。サッカー観戦は二の次で。