熱戦!

多くの皆さまの声援に感謝もうしあげます。エリースFC東京は19日(月)関東サッカーリーグ後期第8節対tonan前橋戦に1-0にて勝利いたしまして、残留が内定いたしました。tonan前橋さんも負ければ降格内定ということで、懸命に攻めてきました。エリースが後半3分に阿川選手の強烈なシュートが決まってからは、怒涛の攻めをうけましてシュート16本を懸命に守ったわけです。GK白子中心によく守ってくれました。tonan前橋さんとは長いお付き合いで、監督、理事とも大変親しく、お世話になっていることから、勝利しても私自身は複雑な気持ちであります。勝負の世界は厳しい、残酷な形で私どもを苦しめます。内定と記載したのは確定ではないといいうことです。tonan前橋さんは、東京23、或いはVONDS市原がJFLへ昇格すれば残留が決まります。またエリースは、JFLからの降格チームがあれば、現状8位であることから、関東二部二位との入れ替え戦の可能性もあるわけです。すべてが決まるのは11月末ということになりますので、次週最終戦で他力本願ですが、7位の安全圏を確定させたいものです。引き続き、皆さまのご声援をお願いいたします。最終戦、強敵(今は)横浜猛蹴戦、9月25日(日)14時00分工学院グランドでの最終戦を力いっぱいに戦ってもらいたいものです。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    田中真治 (土曜日, 24 9月 2016 19:08)

    残留確定ではなかったんですね。いつも上のリーグの結果に左右されるんですね。最終戦も頑張って勝利してほしいですね。