私の履歴書

私の履歴書を書くとなると、必ずでてくるであろう趣味の一つが「麻雀」である。サッカーは趣味を超越している。あとは映画鑑賞、海外旅行、ワイン、ゲームと続く。多分40年前の履歴書での趣味の欄には「麻雀」はいれてないはずだ。しかしながら、大学生時代(昭和45年~昭和50年頃)、カラオケもない(歌は下手で歌わないけどね)、シューティングゲームもRPGもない。あるのは競馬、競輪、パチンコ、麻雀である。当時を振り返ると、ギャンブルはあまり得意ではないことから、せめて麻雀をやるようになった。親爺は気が違ったかと思うほどに好きで、とうとう岡山県で麻雀をしながら牌を握って倒れた!(阿佐田哲也さんみたいに)心筋梗塞でしばらく入院していたのを覚えている。私はそこまでではないが、今でも月2回~3回は仲の良いメンバー、特に東京エレクトロン時代の仲間と打つのが大変楽しく、ストレスの解消となっている。しかしながら残念なことに、年々弱くなっている。最初は結婚した年(30歳)、二番目はがんになったとき(60歳)、勢いが落ちたのが分かる。次は90歳でまたガクンと落ちるであろう。(笑)知らない方には申し訳ないが、役満であがってないのは、「天和」、「九蓮宝燈」「四槓子」の3つである。達成するまで死ねない!(笑)