決戦

10月10日足立区舎人公園競技場にて、東京都シニアリーグ50の部門二部ブロック戦、エリースシニア50対BONOS戦を観戦した。BONOSさんは現在首位、エリースは2得点差をつければ首位にたち、次節最終戦に昇格の望みがかけられる、大事な試合だった。写真は見にくくて恐縮だが、黄色がエリースシニア50先発メンバー。25分ハーフながら、双方当然ながら50歳以上の選手構成。50歳以上といえば、社会では立派な部長さんやら、社長さんがいるわけで、連休とはいえ、よくもまあ頑張ってプレーしているなと関心する。当然怪我などのリスクもあり、仕事に差し支える危険性もあるわけだが、両チームともそんなことはまったく考えてないように、かなり激しいプレーの応酬となった。結果、残念ながら前半に3得点したBONOSさんの勝利となった。後半の試合ぶりを振り返ると、次回対戦したときには、十分に勝利できる可能性がみれたことは、唯一悔しい敗戦のなかで光明をみた。前日、ナイトゲームにて、エリースDX対丸紅戦を観戦。試合終了前の最後のワンプレーでFKから同点にされ、悔しい引き分けに終わった。DXといい、S50といい、ほんのチョットしたことで勝利から遠ざかる。サッカーは難しい。だから面白い。