エリース50執念

2020年東京オリンピックの年にエリースはお蔭さまで50周年を迎える。思えば日大芸術学部教授呉正恭先生(故人)が1970年に設立されて、一介の草チームが2006年にはNPO法人を獲得し、今や関東リーグ一部のトップチームからシニア60まで、6チームで運営されている。まさにこの46年間の苦労と努力が「50執念」を迎えることになった。写真の冊子は「40周年」記念として作成したもので、プロの方にお願いして(今はその方もS60のメンバーである)素晴らしい冊子が完成した。在庫はもう底をつき、皆様にお配りすることはできないが、「50執念」でも、また最高の結果を残し、それがご報告できるような、冊子を完成させたいと願う。そのためにも、この4年間は大事であり、各カテゴリーでの実績を残せるよう頑張るしかない。2020年に向けての、それが一番の「クラブ・ミッション」である。