全国社会人大会関東予選

アマチュアの社会人には、全国社会人大会はプロも参加する「天皇杯」とは異なって、社会人の日本一を決める大会であり、必ず開催地は翌年の国体開催地にて前年に実施する。要は国体のプレ大会を兼ねている。今年は福井県での開催である。その関東予選が先週から始まっている。エリースFC東京は1回戦勝ち上がりの「FC GIOCO世田谷」(ジョコ)と対戦。「ジョコ」とはどういった意味なのか?何人かの相手選手に聞いたが皆知らないという。自分のユニフォームに表示されているチーム名も知らない。全く「今の若いやつは!」なんて小言も言いたくなる。結果は乱打戦となったが延長前半CKから宮地選手(新人DF)がヘッドを決めてそのまま逃げ切った。GIOCOは駒沢大学体育会サッカー部の3年生中心のチームで正真正銘の体育会学生チームである。1回戦もTIUとGIOCOが戦ってGIOCOが勝ち上がってきた。TIUも東京国際大学体育会サッカー部のチームで現在は関東リーグ二部の所属している。リーグ戦とは異なり、「全国社会人大会」に何で?学生チームが出場できるのか、不思議でならない。学生は学生リーグと総理大臣杯並びに天皇杯がある。何も、社会人の退会まで顔出さなくても良さそうに思う。何とか勝利したのでこの記事を書いているが、負けたら負け惜しみになるので掲載しなかった(笑)。暑いピッチで学生相手に延長までエリースも良く頑張ってくれた。選手達に感謝する。