代表戦最終予選突破

歴代の日本代表監督でもワールドカップ予選突破で涙流した外国人監督はいなかったかと思う。それほどにハリル監督はプレッシャーと戦いながら、勝利にこぎつけたことが、嬉しかったに違いない。素晴らしい代表チームの試合を見ることができた。中盤に長谷部、井手口、山口と3名のボランチタイプをおいての戦いには、少なからずとも驚きを感じた人は少なくないであろう。オーストラリア相手に2対0.日本サッカー万歳!ハリルさんお疲れさま! 結果オーライ。